雑誌の影響か、白シャツ人気です。
今日仕立てあがってきた5枚のシャツも、総て白シャツ。


ひと言に白と言っても、無地や織り柄と、そのバリエーションは驚くほどです。
無地でも、糸番手の太いものから細いものまで。
それ故に奥が深いのでしょうか。
織り柄も、ヘリンボーン、ピンドット、ジオメトリック、ユニークな柄まで、
バリエーションは無数にあって、目移りしてしまいます。

話は変わりますが、シャツは元々下着の範疇だったようです。
(アメリカで下着と云えば、Tシャツですが、、)
下着の下に下着を着るって変ですね。
高品質なシャツこそ、本来の着方である素肌で、、楽しみたいものです。
それに着心地ばかりか、シルエットにまで悪影響を及ぼすんです。
イタリア人男性のように、白シャツを素肌に着て、
色っぽく格好よく見せる為には、やはり体を鍛えないと(笑)。
もちろんフィッティングによってジャストサイズなシャツを実現するのが前提ですが、、

下の画像はヘリンボーンとピンドット柄です。




上の画像は今日お創り頂いた 英国トーマスメイソン社(右)のヴィンテージ生地と、
伊アルビニ社(左)の生地です。



トーマスメイソン社は、’90年代の初めにアルビニ社に買収され、
今の生地は イタリアっぽく繊細な質感になっていますが、
この生地は 買収前に英国で織られたもので、
低速織機でしっかり打ち込まれた張りのある生地感です。
水洗いしてゆくにつれて段々と目が詰まり、光沢が増します。

その歴史が 産業革命時代に遡るトーマスメイソン社のこんな希少な生地は、
その寿命を縮めないためにもクリーニングには出さずに家で水洗いをして下さい。

下の画像もヴィンテージ生地ですが、残すところ20着程になってきました。


これ、東京のHさんがプレゼントして下さったシャツ用の筒型の洗濯ネットです。
これに入れて洗うと、洗い上がりが、アイロンを使わなくてもいい位皺が
入らないそうです。



使い方は簡単。筒状のネットから上の画像のようなネットが出てくるので、
そこにシャツを挟み込むようにセットします。



上の画像では、それを丸めた状態です。



丸め終わってから、最後に筒状のネットに入れてファスナーを閉めて、
後は洗濯機に入れるだけ。これを手間と思うか、
洗い上がりのアイロンがけの手間を省くか、、

さっそく試してみて、インプレッションは後日!
Hさん、有難うございました!

ラインナップのオリジナルラインを更新しました。


今日は子供服の、初めての採寸でした。
モデルは龍馬君です。

「記念日スーツ」をテーマに世界でたった1つのお子様のスーツをお作りします。
生地選びから採寸まで、お子様との思い出創りのお手伝いをさせて下さいね。



お父さん:「龍馬、生地いっぱいあるね~」
龍馬君:「そうだね。 お父さんはどれがいい?」
お父さん:「これ、龍馬に似合うんじゃない♪」
龍馬君:「だって僕、お父さんの子供だからね、何でも似合うよ♪」
お父さん:「龍馬、どんなスーツが出来てくるか楽しみだね!」
YANASE:「格好いいスーツ、創りますね!」



O さん、龍馬君、今日は有難うございました!
子供用スーツのホームーページも作成中です♪


今日、お渡し予定のお客様がキャンセルになり、その時間でお客様登場を更新しました。
京都のMさんご協力ありがとうございます。



夕方に、レディーススーツのお渡しがありました。
女性の最大の悩みはウエスト、ヒップ周り、そしてバストからウエストへの
ラインですよね。
採寸時、Tさんのお気に入りのスーツを着て頂き、
気に入っている点や嫌な点を聞きながら創った今回のスーツ。
見た目にもメリハリが効いているし、フィット感も抜群と、
大変気に入って頂けました。
Tさん、ありがとうございます!
今後の お客様登場のコーナーをお楽しみに♪


今日は採寸が立て続いてバタバタしました。
終わったあとのデスクはこんな感じです。



アレコレとサンプルを引っ張り出してきたり雑誌見たり、
時にはDVDを見て映画の中のスーツを真似てみたり、
こうしてお客様とイメージをしながらスーツは形作られます。
気付けばメチャクチャになってますが、
実は僕的には作業場っぽくって好きです。
でも仕事出来る人の仕事場っていつも綺麗なんですよね(苦笑)。
ちなみにこの机はスーツ生地を十分に広げられるように
大きくオーダーしてあります。

さて、下の画像はカラークロスといって、
ジャケットの上襟の裏側に張る生地です。
見えるところじゃないですが、
今日頂いた2着のご注文はどちらもミッドナイトブルーの無地でしたから、
ちょっとした遊び心で、こんな生地を使ってみます。




今日届いたパンツのウエスト周りの仕様、
これはパンチェリーナと呼ばれています。
前の打合部分にボタン2つで留める帯が付き、
さらに持ち出しの付け根にもう1個。
これによりフィット感が高まります。

言葉で表現するのは難しいですが、
ほんとに心地よいホールド感があります。
ただ釦数が多いからという理由で嫌がられる方と、
フィット感が心地良いという理由で、
好みが別れ事も事実です。
さて、みなさんのお好みは?




今日届いた光り物サバ系スーツ、パンツのデザインに注目!
ノータックじゃなく1タックでもなくダーツです。
ちょうど第1タックの位置にダーツを取っています。
ノータックより腰周りにゆとりが出来て丸みがでますから楽チン。
でも紳士物として見ると何となくエッチ!?
これがいいんですよメトロセクシー系ですから(笑)。



上の画像を見てください。
同じパンツですが、ピスポケットを片玉にしています。
どうですかスッキリ見えるでしょ!
以前は安っぽくて嫌いだったのですがスッキリ見えて新鮮です。
これはオリジナルラインの仕立てです。
ここからラインナップに入って頂くと、他にも色々あります。


またまた今日もご注文頂きました光りモノサバ系スーツ、
ビッカンビカンです。
Tさんいつも遠方から有難うございます。
僕の着ているスーツと同じアズーロブルーです。
昔はよく見られた色です。



Tさんの80cmのウエストに対して出来上がりは90センチと
かなりタイトに詰めています。
かなりビシッとした仕上がりが期待できますね。
ちなみに今回の生地は英国ハダスフィールドにある名門
ミル【BROADHEAD&GRAVES】のヴィンテージです。
これも現代モヘアと違い低速織機で織られた生地特有の張りがあって
迫力のある豪快な風合いです。

そして、今年マッセアトゥーラで人気のある
ライトグレーのシャツが4枚出来上がってきました。
中でも左の2枚は胸ポケットが両玉縁になっていて
クレリック襟に合わせて、同じ白いブロードクロスで切り替えてあります。
個性的で大人っぽい顔つきのシャツです。


今日はスーツを1着ご注文頂きました。
今までに何着もお創り頂いてるお客様でしたので、
採寸も直ぐに終わりゆったりとお話ができました。

また、先月あるお客様からご注文を頂いた
コットンのドレスシャツが出来上がってきました。
写真が上手く撮れず、この質感をお伝えできないのが残念ですが、
このシャツ、実物は純銀製の織物のように?光沢があって迫力満点です!
ドライクリーニングに出してせっかくの生地を痛めないように
家で水洗いして下さいね。