1着、普通の紺色を作っておこうかな~。とKさん。
普通ではないですよ!こんなに軽い極上のクリームフランネルは(笑。
紺に始まり紺に終わる。紺で差がつく素材や仕立て、そして何より大切なシルエット!
こんなスーツこそ、紺で行き着く1着です。




いいですねー、ツイードのスーツ。
既製服ではあまり見かけないところもオーダーっぽさ満天(笑。


掛けておいた仮縫いを見た方から、またまたオーダー頂きました。
生地で見ても分からないけど、形になると良いな~と。
小さなサンプルでイメージしてもらえるよう、
色んな手を使ってるんですけどね。




30年着るためのジャケット。
体型変化にも対応するよう、若干ゆったり目で。
フロントも逃がさない方がお好みとのことで、前身は真っ直ぐ落としました。
Nさんのお好みに近付けたでしょうか。

それでも、余りにゆったりだと、
気が緩んで、どんどんいっちゃう可能性があるので(笑、
ほどほどに留めたのですが、この完成を仮縫時にどこまでイメージして頂けたか、、
着るほどに、どんどん毛芯が馴染んできますから楽しみです。
Nさん、長らくお付き合い頂き、感謝いたします。
お手入れ等、末永くお付き合い
宜しくお願いします。

年内のお渡しは、Nさんで最後となりました。
Nさん、この服で初詣行って下さいね。

本日で営業は終了させて頂きます。
オーダー頂いた皆さま、ご来店頂いた皆さま、本当に有難うございました。
明日は年内に済まさなければならない業務と大掃除をします。散らかりっ放なしで申し訳ありませんでした。



イタリアのSchmitz&Lombard が
スコットランドのミル(機屋)に別注した生地です。
クラシックでいて洗練された雰囲気が漂っている生地で、個人的には、
出したくなかった生地の1つです(笑。生地が好きなので、特にジャケット地には、
そんな思いで仕入れた生地が多いです(大笑。いえいえWさん、いつもありがとうございます!
Wさんは元同業のプロ、大手商社で生地を手掛けられていました。


Schmitz&Lombard と同じように、他国のミルに織布を頼むケースは多いです。
フランスのDormeuilが英国のミルで生地を織ってもらったり、
ベルギーのScabalが英国のミルで織ってもらったり、
産業革命が起こった英国の職布は有名です。

最近では日本にも
パリの某メゾンやアメリカ、イタリアから職布依頼が入りますから、
英国とかイタリアとか、国単位ではなく、
得意とする技術に応じてミル単位で職布依頼が行われます。

まぁ、バブル期を代表するGAでも、
複雑なテキスタイルデザインは日本で織布されていましたから、
今に始まった事ではありません。でも最近、特にこの傾向が強くなっていると思います。
話はそれましたが、Wさん、いつもありがとうございます。




新しくて古い、古くて新しい柄。
見る角度によって柄が立体的に違って見えます。
今までの単純なジャガード模様とは明らかに違って、丸で3D。
非常にデザイン性が高く、その斬新さと美しさは80年代の生地を彷彿とさせます。
そういうと、この時代を知っている人はイメージして頂けると思います(笑。


80年代の象徴であったビッグショルダー・ワイドラペル・ロング丈ではありませんが、
生地だけでも、贅沢な雰囲気を感じさせてくれますね。

このスーツをご注文下さったIさんも、その時代を経験された世代ですし、
前回ご注文主下さったIさんも同世代というのは偶然?(笑

ファッションは繰り返すと云いますが、
バブル世代は、今の若者たちののファッションを見て
すでに爺的な言葉を発してしまうんでしょうね、「昔に流行った」と(汗。
この「昔」という言葉が出てきたら、要注意ですよね(苦笑。




イタリア語で「かわいい!」を意味するカリーノ♪
合わせるベストは、目立ち過ぎないよう引き締め効果?狙いました(笑。


ジャケットの裏地と、
ベストの背裏だけお揃いで統一感♪
Dさんのキャラにピッタリの1着に仕上がりました。
シルエットはぴったぴたで、Dさんのマッチョな肉体をデフォルメ!


*2016年2月14日追記
大蔵さん、映画「クレヨンしんちゃん」主題歌
ケツつながりでおめでとーございます!



ザックリシタ風合の4者混ツイードです。
4つの異なる素材を混ぜ合わせ織り上げられます。
このジャケットはウール、シルク、リネン、ポリアミドの4素材。
ナポリから届いたこの生地は、とてもソフトでふんわりとしたボリューム感。
着用感は生地感に似ますので、カーディガンを羽織っているような軽い着用感になります。
ふんわりして空気層を多く含みますので、暖かいですよ。
チャーミングなDさんにお似合いです。
本日発送させて頂きます。


お待たせしました!



略礼黒3ピーススーツ(シングル2ボタン)+シルバーベスト+コールパンツ
お付き合いの多いKさんにとって、フルセット必要なようです。
これで冠婚葬祭パーフェクトに対応可能です。


フルセットでなくても、ディレクターズは
何かと重宝する場面がります。
オーダーされた方は皆さん仰います♪
ご相談ください。



ナポリから届いた生地は、
懐かしいようでいて、新鮮です!
さてさてDさん、どう着こなして頂けるか、
楽しみです! 




1980年代初頃のウーステッドフランネルです。
脂が抜けてきたせいか、ウールンフランネルのような風合い。
ウールンのようで実はウーステッド、ビジネスでガンガン着るには良い感じ♪


シルエットは、
細身が流行ろうと短め丈が流行ろうと、
Kさんはずっとこのスタイルを着続けられています。

10数年前にお付き合いが始まった頃は「細いなぁ」と言われたという
Kさんのスタイルも、今では少しゆったりして見えますが、
古臭さなんて感じさせない、むしろ品格が
漂うエレガントなスタイル。

打ち合いのボタンからバストに駆け上がる
豊かなドレープラインが、優雅さと男らしさを醸しています。


今日、Kさんが着てきて下さったジャケットも、
もう8年前にオーダー頂いたEゼニアのインナーモンゴリアンカシミアです。
クリーニングには出されず、適度なブラッシングとスチームで
オーダー当時の風合いを保ち続けて下さってます。