先日ご紹介させて頂いたKさんの本生地での仮縫風景です。




お母様のお洋服も作らせて頂いているGさんのスカートスーツ。
この春、ご就職される際のプレゼントとして、お嬢様にオーダー下さいました。
力強さが感じられるジャケットに対して、スカートはふんわりした造形を組み合わせています。
力強さを表現したジャケットですが、
若さを表現するために着丈を少し短く、ショート丈とレギュラー丈の中間を狙いました。

シーチングで、ほぼ方向性が決まりましたので、
イタリアから取り寄せておいた実際の生地で、今から仮縫に入ります。
Gさん、本日は長らくお付き合い頂き、有難うございました!




15年来お付き合い下さっているKさんから、
大切なご学友であるKさん(通常3~5号サイズ)をご紹介頂きました。

転職を機にスーツをオーダーしてみたいと仰るKさんは
スカートスーツだけでなく、パンツスーツの場面も想定されています。

スカートとパンツ両方にフィットする
大人の女性を意識させるジャケットをイメージさせて頂き、
ヒップがほぼ隠れるジャケットに、キリッとしたシーンではパンツを組み合わせます。


逆に、女性らしさが求められるシーンでは
スカートはフレアにしつつ、キリッとした標準丈のジャケットで抑えます。


着丈は長くマニュッシュですが
随所に丸み(柔らかさ)を感じられるよう、
エレガントなカッティングラインのジャケットとなっています。




ゴージャスなんです、このワンピース!
着用感も素材感も軽いのですが、雰囲気はゴージャスです。

靴はエナメルのボルドー色の5cmヒールを合わせられます。
お鞄も、同じ色目のカッチリしたハンドバッグ。



先日、ご紹介させて頂いた
Nさんの仮縫中のワンピースが完成しました!
ウエストを切り替えることになり、袖も7分袖に決まりました。


ウエストの切替部分には黒いベルベットを使って、ポイントを作ってみました。
この生地、結構あたたかそうな気がするのですが、、
でもそれより、この生地の紫がかった絶妙な色合いが最高ですね!!

後日談:やっぱり暖かいそうです!(笑




ワンピースのオーダーです。
打ち合わせの結果、2パターン作ってみました。
どちらを気に入って頂けるでしょうか?そこから調整スタートです。
Nさんから奥様へ、結婚記念日のプレゼントです。このワンピースを着られてお食事へ、
まだまだプレゼントは続くようです。




ロロピアーナのサマータスマニアン(旧SERICO)で
お2人お揃いのサマージャケットをオーダーして下さいました。
この2着の違いは、ロストワックス製法で作られたメタルボタンの色だけです。




綺麗なドレープが出ています。
接着は一切使わず、裾の立体感も毛芯で表現しています。
打ち合わせから仮縫、完成まで長らくお付き合い頂き、Kさん有り難うございました!
これで、お好きなクラシックデザインの型紙が完成しましたので、
次からは生地との対話の為の仮縫でオッケーです!




今年、就職されたNさん。
ご両親から記念にと、スーツを贈られました。
壮大な物創りをされていらっしゃる技術者、Nさんのお父さまから、
物だけではない「経験」という価値を贈りたい、という
お父さまの想いが込められています。

チェルッティーの150′S の、柔らかなドレープある表情が美しいです。


早速、着用されたままコーヒーをいただきに。


手作りの毛芯が少しずつ柔らかくなって、身にまとわりつくようになります。


記念のスーツが育つように、お仕事でのご成長を楽しみにしております。
お父さま、Nさん、ありがとうございます!!



入荷したばかりのシルクコットン地を見た瞬間、
綺麗!と気に入って下さったCさんから、ライダースのオーダーを頂きました。

僕も色違いで、フィレンツェで仕立ててもらったジャケットを持っていて
あまりの着用感の良さに、自信をもってお勧め出来る生地です。

ということで、、
デザインの打ち合わせから、最初の仮縫が完成しました。

最初の打ち合わせでは、
ある程度のゆとりをつけるとの方向だったのですが、
実際に仮縫が完成して、ご試着して頂くと、ゆとりを付けすぎたなぁ~となりました。
直ぐに工房で調整をして、ビフォア&アフターで着て頂きました。

胸ポケットが付いている方が調整後です。


調整後から更に微調整を加えて、左右を合わせました。
更に、見え方を意識して、バストダーツの位置を色々と引き直してみました。
衿のデザインや開き方、前丈なんかも、全体に調整してゆきます。


後ろ側も、
着丈や裾周りの寸法をはじめ、
裾の納まり具合など、あちこち微調整しました。
ここまで微調整’%##%’回?3時間近く!お付き合い頂きました!!


調整して縫い直している間、
雑談したり、お茶したり、、あっという間でした。
でも3時間、、Cさん長らくお付き合い頂き有難うございました!
完成まで、またまたお時間を頂きます。