これまでにMasseAtturaが掲載されたメディアをご紹介します。
  • Meets
  • Watcher
  • SEVEN
  • Meets
  • Meets
  • Men's EX
  • WATCH NAVI
  • Watcher
  • VERY
  • スポニチ
  • 読売新聞
  • SOLID
  • SOLID
  • Nile’s NILE
  • BRIO
  • DIME
  • BRIO

今月号の『Men’s EX』に出して頂きました。
関係者の皆さま、色々とご配慮頂き、ありがとうございます!


スーツは僕の私物なのにスッキリ!
身長163、体重65、バスト99、ウエスト92です。
にも関わらず、、こんなにスッキリ見せる事が出来るんですよ(笑。
これが『マッセアトゥーラMAGIC』です♪


ハービスの2Fメンズフロアのうち、
お隣のエリオットローズさん、心斎橋リフォームさん、
そしてマッセアトゥーラと、工房を持った店舗3件を取材して頂きました。




桂春蝶さんのラジオ関西『バタフライエフェクト』の週間春蝶に出させて頂きました
それも何と15分!15分ですよ!!でもあっという間!(笑
バタフライ(蝶) & エフェクト(効果)
朝から意味深な?番組(笑

春蝶さんがお客様に成りすまして、僕が接客するという設定。
当日いきなり春蝶さんから電話を頂いて、ぶっつけ本番でしたが、春蝶さん凄い!

慣れない僕を上手にリードして下さり、いつの間にか、
春蝶さんのスーツを受注した日のことを思い出しながら話してました。

で、番組が終わってから(放送が終わってから)聞いたところ、、
なんと、放送で僕がお勧めしたコーディネートを春蝶さんが着ておられたそうなんです!
で、これがその時(3年程前)に春蝶さんからオーダー頂いたスーツ。
笑顔が最高ですね♪ 画像クリックで拡大します!!
春蝶さんらしいコーディネートです♪

Blueシャドーチェックのスーツに、Blueチェックのシャツ。チェックonチェックが綺麗にまとまってる!
靴はBlueスエードのWモンクストラップ、ベルトはBlueスエードと、全身Blue!!

当時2人で何を話をして、どうしてこのコーディネートをお勧めしたかまで、
さっき話した内容と当時の内容が、まんま同じだから驚きです!
これはまさに!『バタフライエフェクト』です(笑。

今日の放送中、完全に!春蝶さんの手のひらで転がされてました(爆。
プロの『痺れる仕事』を見せてもらいました!!!
春蝶さん&スタッフの皆さん!
ありがとうございます。



今月はじめに発売の『MEN’S Ex』
サルトリアクレセントの河合氏が取り上げられました。


2013年春から年に3~4回オーダー会を開催してきた
サルトリアクレセントの河合氏が、前回来日時に取材を受けたものです。
次回マッセアトゥーラでのオーダー会は11月28・29日(金・土)ご興味のある方は遊びにいらして下さい。
対応につきましては、予約「優先」制にさせて頂きます。ご了承宜しくお願い致します。




台湾雑誌WATCHER

台湾の雑誌『WATCHER』の別冊『紳士高級品』の『紳士高級品連載Vol.31』に
マッセアトゥーラのジャケットをご紹介いただきました。

着る人の身体と気持ちを引き締める注文仕立ての極上ジャケット
2010年のこの連載で、
京都の老舗帆布鞄店の生地で仕立てた上着を紹介した大阪の「Masse Attura(マッセアトゥーラ)」。
同店は2012年11月に同じ大阪・梅田のHERBIS PLAZA 2階に移転。
高級感溢れる新たな店舗で、上質でスタイリッシュなスーツ作りを続けている。

もともと「Masse Attura」は、大阪に本社を構える大手生地商社が1999年に新規事業を募集し、
当時、同社の社員だった柳瀬博克さんが提案した注文製作の紳士服店がはじまりとなる。
この事業は順調に業績を伸ばし、やがて2003年4月に柳瀬さんは生地商社を退職し、
独立して「Masse Attura」を開店させたのである。

テーラー「Masse Attura」の特徴は、
何よりも着心地とスタイルの両立を重視する柳瀬さんの入念な採寸とフィッティングである。
実は私はこれまで「Masse Attura」でシャツは仕立ててもらったことがあるが、スーツは未経験だった。
そこで今回、たまたまイタリア製の麻生地が手に入ったので、これを「Masse Attura」に持ち込み、
上着を仕立ててもらうことにした。

仕様は基本的に柳瀬さんにお任せ。
伝えたのは「とにかく格好の良い上着を作ってください」ということだけ。
スーツや上着を仕立てる場合、あれこれと希望を言ってもいいが、重要なポイントだけ伝え、
あとはテーラーにお任せした方が、その店の独自性が強く出るのではないかと思う。
台湾雑誌WATCHER

こうしてできあがったのが、この茶色い麻生地の上着だ。
スタイルは基本的に柳瀬さんの得意な「クラシコ・イタリア」。
襟幅はやや広めで、三つ釦の中ひとつ掛け。
釦の素材は天然の象牙椰子で、植物性繊維である麻とは同じ植物同士で相性が良い、というのが柳瀬さんの説明。
ここにも彼の鋭い感性が反映されている。

また、袖の釦はふたつ。
クラシコ・イタリアの上着では、袖釦を4つにして重ね付けしたりすることが多いが、
ここはあえて百年前の上着に習ってふたつ釦を選択した。
この釦は実際に開閉可能な「本切羽」と呼ばれる仕様になっているので、
ひとつだけ外しておくことで注文服らしさを強調できる。
まあ、これをあまり強調しすぎるのは野暮なので、ほどほどにしておくことにしよう。

では実際に着用した感じはどうか?
これが極上。決して窮屈ではないが、程良く身体を引き締めて、美しい線を描く。
日本男性の大半は身体に合っていない大きめの既製服を着て、それで十分だと思っているようだが、
本来の紳士服とは着る人の身体に合わせて仕立てられ、快適な着心地を提供すると同時に、
その人の一番、格好の良い部分を引き出さなければならないと思う。
もちろん、私も決して理想的な体というわけではないが、
柳瀬さんに作ってもらったこの上着は、初めて着た瞬間から身体にフィットし、美しいシェイプを見せる。
これが本物の紳士服である。
台湾雑誌WATCHER

●キャプション
(1)ラベル
とても簡素な「Masse Attura」のラベル。裏地は表生地の茶色に合わせて金茶が選ばれている。

(2)袖口ボタン
象牙椰子を削って作られたボタンを採用。薄い茶色が濃い茶色の麻生地によく似合う。
この釦は実際に開閉できるよう仕立てられている。

(3)襟
やや幅の広い襟にはハンドステッチが入れられており、注文仕立てらしさが滲む。
上着の仕立て料金は、最もお手頃な価格で54,600円から(生地代別)。
スーツは73,500円から。


報告が遅くなりましたが、
ハービスプラザ全体を取材して下さいました
東京でも時々売っているそうですが、お店はほとんど関西です。
seven_01

内容も、すごく的確に伝えて頂いております。
字が小さくて、読めませんね(汗。
seven_02

書かれている通り、
ハービスPLAZAの2階が、大人の男の街になっています。
マッセアトゥーラでオーダー頂き、隣のエリオットローズでベルトをオーダーし、
時計のベルトをルイコレクションでオーダー、最後にアクセサリー(は好き好きで笑)で締める
そして装いも完璧になったところで、美女を連れてBar HIRAMATSU みたいな、そんな大人の『街』です(笑。
seven_03

関係者の皆さま、どうもありがとうございました!!


OPENING の日に、Meetsの編集の皆さんがお越しになられ、
スナップ写真を撮って下さったのですが、その時の写真を掲載して下さいました。



左からLoissini 店長の寺田君、MasseAttura技術の中山君、そして一番右が僕、柳瀬です。
普段、余りスーツを着ていない僕も、この日はスーツを着ました(笑。


表紙は、僕の大好きなラーメン特集です(笑。
僕が大学時代、足しげく通った、京都の銀閣寺~一乗寺界隈
流行ではなく、当時から続いている老舗のラーメン屋さんも掲載されています。
ミーツの、流行だけを追うんじゃなく、、こういうトコロが好きなんですよね~





Meetsに、ハービスのメンズフロアをご紹介頂きました!


Masse Atturaも、ちょこっと載せて頂きました!
以前は、めちゃくちゃ大きく載せて頂いたことも、あるんですよ!!
関係者の皆さま、ありがとうございます。


上の『BAR HIRAMATSU』
平松さんのバー、フルーツカクテル美味しいです。
モルト系も、何度もアイラ島の醸造所まで足を運ばれる位、マニア!
僕も、そういうのが大好きなので、平松さんのその気持ち、凄~く良く分かりま~す(笑!




メンズEXの別冊付録の関西特集に、
ハービスPLAZAのメンズフロアを紹介して頂きました!

mens_ex_01

何故か、マッセアトゥーラの僕達だけ写ってます(笑。
ちなみに、中山君の身長が高いわけでは(172cm)ありません(涙。

mens_ex_02



WATCH NAVI

お客様が、ご自身のピエールクンツの時計をつけて ピエールクンツ本人に会いに行かれるとの事で、
その時計に合わせてコーディネートをお任せ頂きました。
ジャケット、パンツ、シャツ、靴、ベルト、オーダーアイテムでの、フルコーディネートです。

ピエールクンツの時計がグレイゴールドという特殊なゴールドを使ったグレーのモノトーンで
デザインされているので、洋服には淡い紫(ライラック色)を散りばめつつ、
全体をグレーのグラデーションでまとめました。


WATCH NAVI

靴は、グレーベースに紫を混ぜたので、パッと見はグレーですが、光が当たると、
ほんのりと、紫がかって見えます。
ベルトも同じ色で染めました。
シャツとジャケットの組み合わせは、チェックオンチェックですが、柄の大きさを変え、
色で統一感を持たせてあります。

こんな粋なオーダーを頂けた事、そして、全てをお任せ頂けたことに感謝いたします。
高橋さん、ありがとうございます!!


WATCH NAVI


Watcher(台湾雑誌)

お客様のジャケットが台湾の時計雑誌に取り上げられました。
京都の一澤信三郎帆布の生地を使って「洗える仕様」で仕立ててあります。
いよいよマッセアトゥーラも世界ブランドですね!(笑
関係者の皆さま、ありがとうございます。

Watcher(台湾雑誌)

Watcher(台湾雑誌)