皆さん〝ミスティーネイル〟というカクテルをご存知ですか?

以前このダイアリーで〝ドランブイ〟というお酒を紹介させて頂きましたが、
このミスティーネイルは、ドランブイの甘さを抑えた、
幾分かスッキリした味わいなんです。

この味に出逢わせて下さったBar〝清音〟のマスター、どうもありがとう!



この時期は受注とお渡しの殺到?するシーズン真っ只中ですが、
今夜は、ホッと息抜きをさせて頂きました。
「お前いつも仕事自体が息抜きちゃうん!?」って声が聞こえてきそうですね。(苦笑)


(2006年1月12~13日)
マリネッラの通り沿いのお店は、相変わらず溢れんばかりの人だかりです。
この中に、果たしてナポリっ子はいるのでしょうか?(苦笑)

そんな喧騒的な路面店を避けるかのように、
マリネッラのサロンは、中世の建物の2階にあります。

サロン内は、当時の面影を残したまま装飾されたもので、
それだけでも一見の価値がありますね。
イタリア流イギリス様式で統一された内装は、
マリネッラ一族に受け継がれるライフスタイルからくるものだそうです。

マリネッラは、英国製のネクタイ用ヴィンテージFabricの収集家としても知られており、
貴重なネクタイ地が、無造作に置かれています。
1994年のナポリサミットの際に、マリネッラのタイが配られた事をきっかけに、
今ではレディーメイドが主流になったマリネッラですが、
従来からの顧客は今でも、このヴィンテージファブリックを使って、
タイをス・ミズーラするのだそうです。

タイ以外にも、靴やベルトといった洋品類から衣類まであります。
初代当主のエゥジニオ・マリネッラは最初はバール(Bar)の店主でした。
1914年に現在のヴィットリア広場前で創業に至った経緯は、
Barの顧客が、手先の器用な彼に色々な洋品類を依頼したことがきっかけです。
カンの良い方は、もうお気づきだと思いますが、
オーダーのお店って、こうしてBarを起源に持つお店が結構あるんです。
趣味の世界って、そうした〝趣味の場〟から始まってるんですね。

最初は、店の前にあった馬場に集まる人々が顧客となり、
顧客は彼のセンスに任せて注文し、、と云われるマリネッラです。
そう云えば、先日伊勢丹のメンズ館で、現当主のマウリツィオに出会ったのですが、
ナポレターノらしく!大振りなアクションで、
陽気に抱きしめてくれました。(笑)

彼はマリネッラのスタッフですが、
英国っぽい匂いがプンプンするナポリ流の着こなしです。
「京都に行くから、、」と言っていたのは、、いつですかぁ~(笑)

今回も、長さ147cmや143cm、それに巾も9.5~8.5cmを選び、
芯(インテルノ)も、ウーノ、ドゥーエインテルノなど、、
色々とオーダーしてきました。

でもセッテは、「日本人はセッテ好きだけど、すぐダメになるから止めた方がいいよ。。」
ダメになる、、イタリア人らしからぬ?発言ですが、前回も言われましたね。
それとも、僕がそんなにも貧乏臭く見えるのでしょうか?(汗)

以前、別の機会に見学させて頂いた時に書いたマリネッラの工房の訪問記もあります。
ナポリに行くたびに、好きなものを少しずつ仕入れています
これからも、少しずつですが仕入れます
長さのオーダーも可能ですので、
ご興味のある方は是非!



オーダーと云えば、スーツばかりが目だって取り上げられますが、
ジャケットだけやパンツだけという方も、最近では3割近くを占めるようになりました。

今回のKさんも、最初はジャケットをご注文頂き、



それに合わせて、ライトグレーのパンツも!という事でしたが、
パンツだけのご注文だと、生地の取り方に無駄があって割高になるので、
結局はスーツでご注文下さいました。
そして、今度は、、
スーツで着るとなると、元々考えておられたミディアムグレーより、
明るいグレーの方が、冬に映えて綺麗!という事でライトグレーに変更されました。



こんな組み合わせで選ばれると、
コーディネートに広がりが生まれて、とても効果的ですよね。

自分だけのオリジナルパターンを持てるオーダーなら、
生地さえ決めれば、好きなシルエット・デザインで洋服が出来るのですから、
毎シーズン好きな洋服を探し回らなくて済むので、
邪魔臭がりな方にもお勧めです♪(笑)

一見マメそうに思えるオーダーの世界ですが、
実際そういう邪魔臭がりの方が多いのも、このオーダーの世界です。

既製服だと毎シーズン、デザイン(シルエットやボリューム)が変わりますからね、、
これも、オーダーの楽しみ方の1つですね。



①印材②文字のデザイン③彫刻技術、の3つが揃って印章です、と仰る澤村さん。
勲六等瑞宝章を受賞されている、日本では数少ない印章彫刻家で、
六体書道字林を発刊されている書道の大家でもあります。
以前、結婚を機に、実印を彫って頂いたのですが、
今回は銀行印をお願いしました。

印鑑を押すたびに嬉しさが込み上げ、持つ喜びを実感します。
澤村さんに初めてお願いしたのは今から約4年前、
それまでは印章の良し悪しは〝素材〟と〝印相〟くらいしか考えてませんでした。

澤村さんと出会ってから、、もっと云えば、使ってみて初めて、
印章を〝自らの想いで〟持つことが出来ました。

それに絡めて、これは自慢ですが(笑)、今日の最後のお客様から言って頂いた言葉、
「マッセアトゥーラでスーツを創ってもらって、つくづく良かったと思います。」
「このスーツを着ると、自分がスーツに後押しされるような感じになって、
思ってもみなかった素敵な出来事が沢山起こるんですよー♪」

澤村さんの仰る、「印材、文字のデザイン、彫刻技術の3つが揃って、、」
スーツも同じ事が云えます。
今日、Hさんが言って下さった〝スーツを作って初めて感じた付加価値〟嬉しいお言葉です!
それでは澤村さん、宜しくお願いいたします!出来上がりを楽しみにしてますね!



以前の会社で背中合わせで仕事をしていた後輩、
今はオーロラ写真家の〝谷角靖〟が遊びに来てくれました。
会社の屋上で、スイカやメロンを栽培した懐かしい話題で盛り上がりました!
男2人で何の話をしてるねん!?って感じですが、、

カナダ気温になれた彼は半袖です。(笑)
それにしても、前肩のせいで出ているタスキ皺が気になります。(爆)


来月に発売される2冊目の写真集の色校正です。
前回の〝オーロラの降る街〟は初版の25,000部が完売!
重版も決まっているそうです。


モンベルでも、彼を招いてのオーロラセミナーが開催されます。
関東地方の方は是非、彼の独り漫才?を聞きに行ってみて下さい!(笑)

彼が自ら更新するブログでも、綺麗なTANIKADO作品を見ることが出来ますよ♪





先日の日曜〝行列のできるテーラー〟吉田スーツに遊びに行ってきました。
マッセアトゥーラには何度か遊びに来て下さっているのですが、
僕は今回が初めてで、9月に移転されたばかりの新店舗にお邪魔する事になりました。
それまでは、マッセアトゥーラと同じ位の広さだったそうですが、
今回の新店舗は、何とそれまでの1.5倍!
駅前の交番で聞いたら、お巡りさんが途中まで連れて行って下さいました!(笑)
自分にはない、色々な事を気付かせてくれる吉田さんには感謝します。
それに、ユニークなオリジナルTシャツ、ありがとうございました!





今日オーダーにお越し下さった常連のFさん、いつも色々と驚かせて下さる方ですが、
今日はネクタイの色と靴下の色を合わされていました。

僕は最近では、パンツの色よりもほんの少しだけダークな靴下を、
何も考えずに当たり前のように合わせていたのですが、
今日のFさんの靴下コーディネートは新鮮でした。



中学生の頃、赤いニットや赤いポロシャツに、
赤い靴下を合わせたりしていた頃を懐かしく思い出しました。

アカンアカン、、
頭が固くなっているなぁ~と〝ハッとした〟自分がいました。(苦笑)
ファッションって、Fさんのような、こんなちょっとした遊び心が大切なんですよね♪

靴ひもは、しっかりはベルルッティ結びされています♪


このシェーバーは、ブラウンが1985年に出した当時の最高峰モデルで、
僕が18歳の時に買って、今まで使い続けているものです。
※ちなみにこのシェーバー、ベルリンの壁が崩壊する以前の西ドイツ製です。(笑)

10年ほど前にオーバーホールしたのですが、
それから約10年経った今、予想通り?更なるオーバーホールの時期が来たようです。
今日、ブラウンに電話をかけると1993年に製造が打ち切られ、
その後最低6年間、法律で?部品の供給を続けなければならないけれど、
更にそれ以降は部品がなくなり次第、供給もストップし、修理も不可能になるとか。



このモデル、実に8年間も生産が続きました。
日本の車で言うと2度のフルモデルチェンジに相当します。
それは凄い事だと思いますが、更に使い続けたい僕のような人間には
その後のフォローアップ体制が6年間とは、残念です。

今の製品にはない、質感と重量感、それに何とも云えない雰囲気があるんですよね。
これからは、1996年に買ったもう1つのモデルを使う事にします。


モノを手に入れる時は、出来ることなら、作り手に会って買いたい。
人とモノ、どちらが欠けてもダメなんです。(笑)
今日の午前中、葛飾区の金町にいらっしゃる〝大河原兄弟〟に会いに行ってきました。
お兄さんの辰雄さんは今年で80歳。
弟の享幸さんが横座で、辰雄さんが先手、阿吽の呼吸だそうです。


今回お願いするのは、刃は通常の右利き用で、輪だけ左利き用の裁ちバサミ。
会ってお願いしたかったので、直接押しかけてしまいました。


今でも伝統的な松炭を使って、最終工程の焼入れをしているそうです。
長く使えば使うほど、差の出る部分だとか、、


物作りだけではなく、鋏業界のお話も聞かせてもらいましたが、
テーラー業界と、かなり共感できる部分があって、とても勉強になりました。
職人さんの手を止め、〝時間泥棒〟をしてごめんなさい。
でも、楽しい時間を過ごさせて頂けて大満足、打ち上がるのを楽しみにしています!
末長く、生涯現役で頑張って下さいね!


英国大使館でヘンリープールの200周年記念パーティーが開かれました。
サイモンとも2年振り5度目の再会。デイビッドとは4年振り。
元ティモシーエベレストのカッターであるデイヴィッドは、相変わらず個性的な着こなしです。
日本人が敬遠する茶のスーツを、それも〝オン〟でサラリと着こなしていました。

サイモンによる記者発表では、ヘンリープールの歴史に始まり、
今後のヘンリープールの事業展開まで。

今回の日本での採寸の仮縫いは半年後、さらに半年後に2度目の中仮縫い、
それから半年後の完成まで、1年半を要します。
最初は時間と手間暇がかかりますが、2着目以降は型紙が完成度を増すに従って、
だんだん早く、より満足度の高い商品が提供される事になります。
さらには来月の末頃より、Web上で生地を選べるようになりますから、
顧客の皆さまには、よりスピーディーなサービスが提供されるようになります。
そんなサイモンからの発表を聞いていると、
時代の流れに対応したサービスをスタートするサビルローの老舗に、
少し寂しいような気持ちもします。

そんなゆっくりした時間の流れこそが、
精神的にも、時間とお金にも、余裕のある人に与えられた、
ビスポークならではの特権でもあると思うからです。

それにしても200年続ける事って偉大だと思います。
サイモン、デイヴィッド、そして今回は来日されていませんが、
カンディーさん、200周年おめでとうございます、心からお祝い申し上げます。

ヘンリープールの歴史を物語る洋服。


ヘンリープールと家族ぐるみのお付き合いをされている、
僕の大先輩、藤浪氏も一緒にサイモンを囲んで。
この日の高橋さんのジャケットは英国製ではなく、コスタンティーノ製でした。(笑)


お世話になっている(左から)
写真家の高橋さん、ライターの名畑さん、タイムシーン編集長の田中さんも、
カッターのディヴィッドと熱心に歓談。