文句なしに旨い紀州梅バーガー
Jさん、いつもありがとうございます!!


ボリュームあるのに、
食べていてヘルシーさを感じます。
ガッツリした満足感があるのに、不思議とアッサリです。
今まで経験したことのないボリューム感です。
幾らでも食べられそうなボリューム。
不思議です。大好き!
20150904_2



音衛門さんからお土産を戴きました!
新食感!ふんわりアッサリな皮に、濃厚な小豆の風味♪


音衛門さんは、素材を吟味するために収穫地や加工地まで
足を運ばれ、ご自身の目で確かめた素材を使っていらっしゃいます。
最初にオーダー下さった2007年「似たような人がおるな~と思いまして。」と(笑。
それからたまにホームページを見せて頂くのですが、音衛門さんの訪問先はどんどん増える一方!
僕も、今まで訪問したところ、もっと皆さんに見て頂きやすくしますね。
音衛門さん、いつも色々とありがとうございます!
また楽しいお話を聞かせて下さい。
美味しいどら焼きを、
ご馳走様です。

あっ!これはエピソードですが、
以前、お客様Uさんが、生地の前受注会で
ドラッパーズのロッリさんにお持ち下さった手土産、、
日本とイタリアの融合と云うことで、音衛門さんの栗のテリーヌを
お持ち下さったんです。その時のテリーヌは、イタリア産の栗を使ったものでした。
何というか、こう、、ご縁を感じずにはいられませんでした。その時のテリーヌが『こちら』なんです。
他にも色々な産地の栗が、何種類かご用意されているので食べ比べてみても面白いですよ♪




今日から2日間、ミラノの
サルトリアクレセントのオーダー会です。
恒例の?パネットーネのお土産です。今回は何と1kgサイズ!
河合君ありがとう!これが楽しみになりつつある(笑。


ソラーロのスーツ、パネットーネの色にそっくりです。
次回、完成しますので、春に着て頂けます♪




ナイロビに住む友人から、お土産をもらいました。
他にもたくさんもらったのですが、やっぱりこれがヒットです(笑
キンキンに冷やして飲んだ方が、このビールらしい味わいが楽しめるように思いました。
それにしてもなんで像の目が笑っているんでしょうね。サバンナで自由に生きている象はきっと笑顔なのです!




Kさん、ありがとうございます!
果物入りは初めてです。全部食べた~い♪




150年前と同じ製法で作られてる?
この味を知ると、他の物だと雑味を感じます。
Jさん、いつもありがとうございます。でも罪です、この味。
Exif_JPEG_PICTURE



Jさんからのお土産「しづく」の塩餅です。
しづくさんは、「お菓子で百薬の長を目指す」と謳われ、
味覚に敏感な方が口に入れて「違和感のない」和菓子を味わえます。
大阪では有名で、ここの和菓子なら食べられる!って方も多いのではないでしょうか。
実際、甘い物好きじゃない中山君も食べましたから(笑。Jさんの甘党土産は、中山君いつも戴きます(笑。


Jさん、いつもありがとうございます。
今日のプルオーバーの仮縫も、美味しいお菓子で和みながら、、
肝心の仮縫い風景を撮り忘れてしまいました(汗。




高知の久礼大正市場にある山本鮮魚店さんから届いた『わら焼き』の初鰹です!


昨日の深夜、土佐沖で鰹が揚がったと連絡を頂きました。
夜が明け、カツオですがサバいてもらって笑、藁で焼いてもらい、届きました!
今日はこの為に、お皿と包丁を準備してきました(爆。薬味は準備してもらってるから、切るだけです!


じゃ~ん!
脂、ノリまくり!
僕達も、ノリまくり~♪
日本酒もバッチリ、準備済み♪

久々に、粋酔会(sui・sui・kai)を開催しようかな


山本鮮魚店の店主、やまちゃんから、
昨日の深夜に連絡を頂く数日前にも連絡を頂いてました。

「遅くなって申し訳ありません。高知で鰹がまったく水揚げされてません。
  今、釣れている所は屋久島の沖で、港に帰ってくるのに2日かかって、市場に出てもあまり良くありません。
    もうちょっとしたら土佐沖に来ると思うので、揚がり次第、速攻で連絡させて頂きます!」

痛みやすいカツオを、鮮度抜群『一度も冷凍せず』に届けたい!
都市部で手に入るカツオは、いったん冷凍されたものが解凍され、生で並びます。
だから色も全然違うでしょ!鮮度のある赤色、これが本当のカツオの色!
山本鮮魚店さんでも、冷凍モノと分けて販売されてます。
今までのカツオは、別のさかなみたいです!
やまちゃんありがとうございました!



昼間、お客様のいらっしゃらない時に、
BarHIRAMATSU の平松さんと話す事があるのですが、
話してる時に凄い箱が届いたので見せてもらいました。やっぱり箱が凄いと中身も凄い!

アイラ島のボウモア村にあるスコッチウイスキーの蒸留所で作られるお酒、その名もボウモアです!
アイラモルトの中でも有名な銘柄なので知っておられる方も多いと思いますが、
今日、BarHIRAMATSUに届いたのは、そのボウモアの中でも
最高級ラインナップ『トリロジー』シリーズの中の『ホワイトボウモア(1964年蒸留43年熟成)』で、
このシリーズには他にも『ブラックボウモア』『ゴールドボウモア』もあるそうです。
ちなみにマッセアトゥーラにも普通のボウモアは置いてます(笑。
以前にも入荷していて、これで3本目だとか。


シャルトリューズは、本来はフランスのお酒ですが、
一時期スペインのタラゴナで作られていた時代のモノをタラゴナシャルトリューズと呼ぶそうです。
今では蒸留所さえも存在しない、もうほとんど残っていない超希少品らしいです。
こっちが主役か!?と真ん中に映ってるラスティーネイルは、
スコッチとドランビュイのカクテルなんですが、最初からこんなのがあったとは!
以前アイルランドに行った時は、
アイルランドなのでミスティーネイル(アイリッシュウィスキー+アイリッシュミスト)って言ったんですけど、
バーテンダーさんがスコティッシュだったので、笑顔で叱られたんです(笑。
で、結局ラスティーネイルと両方作って下さいました。


どちらもBarHIRAMATSUのお客様からのご要望で、平松さんが探し出してきたそうです。
世界中に平松さんのバーテンダーの仲間がいらっしゃるからこそですね!
僕も海外で活躍している仲間にいつも感謝してます。



Tさんご夫妻がNBAを見に行かれ、お土産を頂きました!
日本では売ってないパッケージで、当然のこと、テイストも別物です!
重いのに、わざわざありがとうございます! こんなレアもの、めちゃくちゃ嬉しいです! 
赤い方(レッドエディション)がクランベリーテイストで、シルバーエディションはスッキリしたライムテイスト。
興奮して、ご夫婦揃っての仮縫の着せ付け風景を、撮り忘れました(大汗。
Tさん!完成したら撮影させて下さいね!
ごちそうさまでした!!