ビスポーク靴『Perticone-Seiichi Yoshimoto』トランクショー開催

このたび、
僕が靴を作って頂いてきた
ローマ在住の靴職人「吉本晴一」さんに
マッセアトゥーラでトランクショーを開催して頂く運びとなりました。

==================================
ビスポーク靴「Perticone – seiichi yoshimoto」
  BLOG http://shoemaking-in-italy.blogspot.it/
  Instagram https://www.instagram.com/perticone_official/

開催日:2017年12月12日(火)・13日(水) 12:00~20:00
◎必ず事前にご予約をお願いいたします。

担当:柳瀬
salon@masseattura.com
06-6345-8708
==================================


吉本さんは
大学を卒業し、一旦専門商社に就職されますが、
靴作りの想いを断ち切れず、
2005年、イタリアに渡られました。
以降、数々のオーダー靴の専門店で研鑽を積まれます。

イタリアにおいては、
自由で斬新なデザイン性、豊富な革使い、軽快な靴作りを学ばれ、
イギリスにおいては、
愚直なまでに昔ながらの変わらぬ製法、堅牢な靴作りを学ばれました。

靴作りの方向性が全く異なる2ヶ国で、
長年にわたる研鑽を重ねられた結果だと思うのですが、
だからこそ、吉本氏が作る靴には、それらの感性が共存されていると思うのです。

現在はフリーランスの靴職人として、
イギリスの有名ビスポーク店の仕事依頼を受けつつ、
ご自身のオーダー靴ラインをスタートされる事になりました。

またこのたび、吉本さんに依頼するに至った経緯を簡単にお伝えします。
今まで僕自身の靴をお願いしてきた流れがあります。

マッセアトゥーラの物作りの基本理念とも通じ、
ただ着る人(履く人)の体(足)に合わせるのではなく、
どう見せれば綺麗かについて話し合い、具現化して下さいます。

その理由は
吉本さんの依頼主の気持ち寄り添う姿勢と
吉本さんの靴職人としての経歴に由来するものだと思います。

例えば、僕のズングリムックリした足を、
足に合わせながらも、スマートに「造形」するという具合です。

お客様によって、
逆に丸くさせたい方もいらっしゃると思います。
そこは、
着ていらっしゃるお洋服の雰囲気や、
その方のご体型、TPOなどを考慮した上で、
吉本さんが培ってこられた造形美の世界観を通じて「造形」して下さいます。
当日はコレクションを直接ご覧いただけるよう準備させて頂きます。
皆さまとお会いできる事、楽しみにしています。


吉本晴一氏経歴

これまでにフリーランスのアウトワーカーとして
イタリアの数々のオーダー店より製作依頼を請け負われてきました。
・Salvatore Politano(Roma)
・Petrocchi (Roma) http://www.calzoleriapetrocchi.it/
・Mercurio(Roma) http://www.stivaleriamercurio.it/
・Marini (Roma) http://marinicalzature.it/
・Mannina(Firenze) http://www.manninafirenze.com/
そして現在、イギリスの有名ビスポーク紳士靴店の製作に携わる傍ら、
自身のBespoke line
・Perticone – Seiichi Yoshimoto をスタートさせられました。
BLOG http://shoemaking-in-italy.blogspot.it/
Instagram https://www.instagram.com/perticone_official/





Comment:

Trackback URL: