グルカパンツ

「面白いパンツ作ってよ!」
Nさんの言葉から始まった今回のパンツ作りです。
まず僕のパンツを作って検証してから、Nさんのパンツを作らせて頂きました。


「グルカパンツ」
このパンツの歴史は古く、
19世紀前半に起きた英/ネパール戦争(グルカ戦争)の時代に遡ります。
大英帝国に敗け、大英帝国の配下となってからイギリス軍の傭兵(雇い兵)となったグルカ兵は、
ネパールの山岳民族の出身者で、山岳民族特有の尚武の気性と白兵戦能力を備え、
白兵山岳戦に長けた伝説的な戦闘集団として知れ渡っていたようです。
第二次世界大戦では日本兵とも交戦したそうで、現在でも
イギリス陸軍の傭兵として存在するようです。

*出所:On the Hunt for Gurkha Shorts/A Continuous Lean(2014.04.17)

そしてグルカの名前は時を経て、
グルカ兵たちが着ていた黄褐色のショーツを由来とし、
ウエスト部分を特徴とするこのデザインは「グルカパンツ」と名付けられたそうです。

その後も多くの軍隊で採用されており、
年代によって仕様は異なるものの、共通の仕様は大きな持ち出し式のベルトです。
ウエストのフィット感や安定性を高める幅広のウエストベルトは
実際に穿いて頂くと分かりますが、非常に楽です。
非常、、この言葉がピッタリです。

1970年代後半、米国のバナナリパブリック社が
サファリファッションとして販売し始めたことで広く知れ渡ったそうです。
これは、僕が個人輸入(死語?)でバナリパを買っていた時のメールオーダー用のカタログです。
毎シーズン、テーマにそったオリジナリティ溢れるなMDが組まれていたように思います。


内容は、こんな感じです。
このメールオーダーカタログは1988年のものです。


拡大しておきます。
画像クリックで拡大するので、文章も読んでみて下さい。


個人輸入については、こちらに書いています→『個人輸入にはまる(2008.01.31投稿)』

*参考資料:wikipedia「グルカ兵」
*参考資料:wikipedia「グルカ戦争」
*参考資料:wikipedia「Brigade of Gurkhas」
*参考資料:The Washington Post(2015.04.30)

2017年6月追記
試行錯誤の結果、今回はこのようなデザインに変更させて頂きました。




Comment:

Trackback URL: