柄合わせについて

皆さん、柄合わせって気にされた事はありますか?
既製服の場合、左右対象に作られるので柄を合わせる事はできますが、
オーダーの場合、お客様の体型に合わせることを優先すると、合わない部分もあります。

今日は、Kさんのハウスクチュールのお渡しだったのですが、
この事を前以って伝えた上で、体に合わせるか柄合わせを優先するか、
Kさんにご検討してもらった方が良かったなと反省。

Kさんの場合、肩の設計が左右非対称(ネックの沈み込みが理由)でしたので、
ゴージで柄を合わせると、前から見たら綺麗ですが、後姿で柄が左右に数ミリだけズレます。
その事を前以て伝えずに完成させたものですから、Kさんからご指摘を頂きました。
その時点からの説明は、Kさんには言い訳にしか伝わらなかったのではないかな?と反省。

今まで、僕としては
オーダーは体に合わせるんだから、
少々のズレは仕方ない事だと思っていた事ですが、
仕方ないと思う時点で、お客様の視点に立ててなかったと思います。

僕は、雑誌ポパイ&ホットドック、メンクラ世代なので、
柄合わせの事は中学時代には知っており、大いに気になるタイプですが、
オーダー業界に入ってから「少々合わなくて当たり前」と、初心を忘れていたように思います。

いつも「既製服やオーダーで分けるのではなく、洋服というカテゴリーで考えないと!」
と言っている自分が、「オーダーだから、、」と、、
これでは反省し切れません(汗。

今後、先にお客様に『体に合わせる?柄を合わせる?』を伺うようにしなければ、、
ただせっかくのオーダー、個人的には体に合わせたいところです。
詳しくお知りになりたい方はお気軽にお伝えください。
体に合わせたい!って言っている時点で、
オーダー視点かも?(汗。



Comment:

Trackback URL: