パリ某メゾンのスカートの改造版!?

もの凄い贅沢なスカートです。
通常のボックススカートの生地の3倍もの生地が必要です。
パターン上では、ウエスト部分のボックスプリーツの縫代の引き込み具合で
このスカート全体の印象を決めるドレープ感を表現しています。
今回はさらに、それをHさんの骨盤に乗る位置で、
最高のドレープを生むよう仮縫で調整。
シンプルだけど奥深い設計。
流石はメゾンC

でもそれを見抜く中山も中山だと思うのですが(笑。
完成は1月末の予定ですが、
楽しみです♪



Comment:

Trackback URL: