アズーロ・エ・マローネ

アズーロ・エ・マローネ(青と茶)は、色相環でいうと、
茶はY(黄)のグループで、云わば茶と青色は補色の関係にあります。
シックなのにスポーティーな雰囲気が漂う理由は、この補色関係にあったんです!
イタリア語で、アズーロは青(正確にはアッズッロ)! マローネは茶(正確にはマッローネ)を意味します!

今日のNさんのコーディネートを見て、
全体がエレガンテ・スポルティーボにまとまっているのは、
青と茶という補色関係にありながらも色調が合っており、その両色の
明度が近似し、コントラストが弱いので、全体として優しくまとまって見えるんですね。

・エレガンテ(落ち着いた気品) =青と茶の色調が合っている。また両色のコントラストが弱い
・スポルティーボ(軽快で活動的)=青と茶が補色関係にある色同士


エレガンテスポルティーボ・・・
画像のNさんのコーディネートを例にとると、
両者の明度を低く(暗く)すると、シックな感じになりますし、
逆に高く(明るく)すると、軽快感が出て、爽やかな夏向きの印象になります。
そして、両色のコントラストを強くすると(明度を近付けず離す/明⇔暗)シャープな印象で、
画像のNさんのように、コントラストを弱めると優しい印象になります。
季節に合わせ、その日の天気とご気分でどうぞ(笑!

アズーロ・エ・マローネについては
今まで何度も書いてきましたが、著名な洋服屋さん数件にも
僕の書いた文章を転用して頂いてるようで、プロに認められて嬉しい限りです(笑!
その中でも、まんま転用されている文章です(爆。
今回の内容も使ってもらえるかな♪
2011年11月19日




Comment:

Trackback URL: