垂れ綿チューンナップ!

テーラード(後述)の洋服は、生地だけで服にはなりません。
見えない内側は、毛芯や肩パッド、垂れ綿(画像)など、多くの附属・副資材から構成されています。
垂れ綿は、袖山を丸く立体的に見せるため、内側から表地をふくらませます。

この垂れ綿も、芯地や肩パッドと同様、
既成品ではなく、イメージする洋服に合わせて作ってゆきます。
目に見えない影武者たちの存在が、その洋服がどのように見えるのかを決定付けてゆきます。


こういう一手間ひと手間、料理と似ていますね。
丁寧に灰汁を取ったり、面取りをしたり、油揚げの油抜きなどの下処理をしたり。
この一手間が、料理の味わいを随分と変えるのと同じですね。


【テーラード】
テーラーメイドと同義で使われます。
テーラー(紳士服の仕立屋・裁縫師)に由来し、
一般的に「紳士服仕立ての」という意味で用いられます。
ドレスメイキング(婦人服仕立て)の柔らかい仕立て方に対して、
テーラードは、素材・型・仕立て方などが硬く、しっかりと仕立てられます。
最近の紳士服は柔らかくなり、婦人物(ドレスメイキング)との差がなくなってきています。



Comment:

Trackback URL: