ミラノ技!?

服を格好良く着るのに、どーでもええことですが(笑、
コートの上襟の裏は、構造上こうして真ん中で切り替えるんですけど、
厚くなってゴロつかないように、生地と生地を重ねずに、付き合わせで縫い合わせてくれています。
これは、先日のサルトリアクレセント(ミラノ)のオーダー会の、コートの仮縫状態です。


拡大してみます、、分かりますか?
こんな技、日本では見たことも聞いた事もありません。
日本の目指すところは耐久性だとしても、これでも全く問題ないと思います。
実用上、問題がなければ、この方が柔らかく仕上がりますからね。
国が変わると縫い方も変わるし、縫い方が変われば出来上がる洋服の雰囲気も変わります。
こんなちょっとした部分の集合体が、洋服の持つ雰囲気になるんですよね。
マニアックなネタ、失礼しました。コートの完成が楽しみです!




Comment:

Trackback URL: