はじめまして!!

Masse Attura、新メンバーの大坂です。
無類の布好きな私がお店で至福の慶びを感じるとき、、
それは生地見本をパラパラ眺めているときです。

この生地でジャケット創ったら、
ボタンはこれでシャツは、、想像の旅へと旅立ちます。

私が好きな色は「紺」。
地味にならず、光沢のある生地にすると華やかにもできます。
ビジネスの場でダークスーツというと「ブラック」と思われがちですが、
欧米のビジネスの世界では、「ブラックスーツ」は「戦闘服」で、
ここぞというプレゼンの時などに「自信」や「威圧」を表現する色です。

相手に対する誠実な気持ちを表現する場合は「濃紺」が適しています。
日本人の黄味がかった肌に「紺」を合わせると、透明感や清涼感が出ますので、
好印象を演出できます。初めての方にお会いするときは、「濃紺」がお勧めですよ。



コメント / トラックバック 2 件

  1. チョクリーノ より:

    「紺」のスーツといえば、もう何と言っても、
    『セント オブ ウーマン』ですね!!!

    あのラストシーンでのアルパチーノのスーツは
    おそらく20世紀最高の「紺」ではなかったでしょうか!

    男の最後いや最期の戦いをかけての檀上での演説
    新入社員が、チャラチャラ着ている紺のスーツとは
    迫力と色気とダンディズムが、まったく違います

    白州次郎が、ヘンリープルでつくった「紺」も
    マッカーサーとの祖国をかけての交渉で
    なんとも言えない色気を醸し出していたことでしょう

    この世界だけは、絶対に、おんなにはわからない
    超絶の世界ですね
    もっとも、21世紀になって、もう「男」はいませんが(笑)

    仕事のないところに、スーツなし
    仕事の出来ないおとこに、おんななし

    「半沢直樹」を見て、興奮して書き込みました(笑)
    そういえば、彼は、紺しか着ていないですね

    追伸 チョクリーノが誰か、捜索しないでください
        「倍返し」されます(笑)

  2. Masse Attura より:

    チョクリーノ様、大坂です。
    コメント頂き、ありがとうございます。
    また、大変おそくなりまして申し訳ございません。

    『セント オブ ウーマン』とは、
    またシブいところとつなげてくださって恐縮です!
    半沢直樹役の
    毅然とした男気のあるネイビースーツも素敵でしたが、
    大和田常務役の
    インテリジェンスの中に滲み出る
    いやらしさを表現したスーツスタイルも毎回見ものでした!
    あの『いやらしさ』もある意味素敵でしたー
    まさにスタイリングが役柄(つまりは人柄、ですね)に
    リアリティを持たせる好例です。

    チョクリーノ様はどちらがお好みでしたか?(笑)

Comment:

Trackback URL: