ほぼ、仕立て直し。

10年程前にオーダーされたスーツが
ご自身のイメージされていた雰囲気にならず、
ほとんど着ていらっしゃらなかったそうで、直して欲しいと。
海外の洋服は気兼ねなく承っても、国内のテーラーさんだと気が引けます。


もともとの肩傾斜は合っていましたから、
雰囲気を変えるめのパッド調整と傾斜調整で何とかなりそうで、
上襟までは解かずに済みそうですが、シルエットの問題などで背中心の調整は必要です。


イメージを変えるので、フロントカットも変更しなければなりません。


イメージと違う一番のポイントは肩周りの雰囲気との事でしたので、
垂れ綿など、かなりの調整が必要です。何とか思い通りになるように最善を尽くします!


ある程度お体には合っていても、今回のように、
出来上がりのイメージと違うというのは、コミュニケーションの問題だと思います。
承る段階で、お客様がご希望されるお洋服がどんなものか、お客様とのイメージのチューニングが大切です。
英和辞典で『Bespoke』は「注文の、誂えの」となっていますが、
お客様のご注文にお応えできていなければ、注文服ではないように思います。
テーラーによってスタイルはさまざまですが、マッセアトゥーラはプロダクトアウト型ではなく、
マーケットインの発想で今まで続けてきました。ただ最近その中でも少しはプロダクトアウト型があっても、、
そう思うこともあります。それは長年やらせて頂き、皆さん(マーケット)が求めている共通部分が見えてきたからです。



Comment:

Trackback URL: