ス・ミズーラ(ミラノからサルトが来日)

イタリアで技術を磨いてきた、
ミラノ在住9年目になるサルトが来日し、
マッセアトゥーラでオーダー会を開催する運びとなりました。

◆日程:4月20日(金)・21日(土)
◆時間:両日とも基本11:00 ~ 20:00
◆場所:マッセアトゥーラ(ハービスPLAZA2階)

両日とも完全予約制とさせて頂きます。
ご来店の前に、ご予約か、ご確認のご連絡をお願いします。
06-6345-8708(FAX:6345-8818) salon@masseattura.com


ここからは長いので、ご興味のある方だけ読んで下さい(笑)。

サルトリアの名前は『サルトリアクレセント』。
サルトリアクレセントとマッセアトゥーラのコラボレーション。
それは、お客様のご希望を汲み取って図面(指示書)に翻訳する住宅建築家と、
図面の意図を汲み取って家(洋服)を建てる大工の関係に似ています。

イタリアでオーダーしたいけれど、言葉で伝え切れるか自信がない。
仮縫も含めて、果たして細かな部分まで伝えられるのか。
伝わったとしても、
日本人の骨格に慣れていないイタリア人に、
日本人の骨格に綺麗に添う、自分好みの洋服が創れるのだろうか。

僕がお客様の洋服をお作りする際に常に注意していることがあります。
それは、どういう洋服をご希望なのかを、出来るだけ具体的に把握することです。
その上で、お客様をどう見せる服が良いのか、
どういう肉体の再構築が適当なのかを見極めることです。
単なるサイズの合った服が、Masse Atturaの服作りではありません。
どこまで表現できるのか、です。

同じサイズの洋服でも、立体寸法の採り方によっては、
着た時の見え方は、エレガントにもスポーティーにも変化します。
これは意外に多くの方が気付かれていない部分のようで、、ここを追求する事が、
僕がややこしいと言われる理由みたいです(笑。

バスト100cm、ウエスト90cmの僕自身、如何に細く見えるかを追求してきましたから(笑。
それなら洋服じゃなくて、自分の体を再構築しろ!って話なんですけどね(苦笑。

サルトリアクレセントは、その
僕のややこしい希望を形にしてくれました。
クレセントだからこそ、今回の受注会開催に至りました。
今までも受注会ではありませんが、お客様の洋服を創ってもらってきました。

ミラノの洋服は、
正当な英国スタイルを基本とし、
そこに、イタリア流のエロガンスをぶち込んだ服です。
簡単に言うと、英国スタイルの正統性をイタリア人の感性で表現した服です。
まさしくMasse Atturaの『イタリアの陽光とイギリスの陰影』です。

彼は日本の縫製工場で2年間、生産管理者として働いた後ミラノに渡りました。
糸と針(ミシンではなく)を持ったのはイタリアが最初です。
彼の血液型からしても?出来上がる洋服は生粋のミラネーゼです(笑。

彼が縫っている洋服を、誰が着ているかを知れば、納得されるでしょう。
ご興味のある方は、直接ご連絡を戴けますと、
詳細をお伝えいたします。

================================
以下、クレセントの河合氏からの挨拶です。

皆さまはじめまして。クレセントの河合です。
私がサルトになるためにミラノに飛び込んでから9年目になりました。
その間、いくつかのサルトリアを経験し、
数多くの老サルトの隣りでひたすら喰らいついて、体で覚えてきました。
名前も覚えてもらえない、親切丁寧に教えてもらうなんて夢のまた夢。
縫い方も、線の引き方も、デザインの決め方も。
あえて理屈は後回しにして、昔の丁稚奉公の職人と同じように過ごすことで、
60歳70歳を越した老職人たちの全盛期を追体験してきました。

“Le parole non fanno la giacca, sono le mani che fanno la giacca”
  (言葉ではジャケットは出来ない、手がジャケットを作るんだ)
  服作りの話は全くしなかったマエストロが、ある時不意にわたしに言った言葉です。

指先で、針先で、布がどう動きたがっているのかを、言葉や理屈を超えて感じ取ることができる。
それでこそサルトだと、自信とプライドに満ちたこの言葉に教えられました。

型紙もアイロンも、2つの手も、全てを駆使して、
平面の布から身体を柔らかく包む曲面を創造するのです。

生み出す服はまさに作り手の分身であって、ふたつと同じものはあり得ません。
数値的な合理的な基準も超えて、また、「想い」「ぬくもり」という情緒的な表現だけにもとどまらない、
そういう服作りこそが、手で縫う意味だと考えています。
一人のサルトであるからこそできる造形です。

この度、もう10年の付き合いになる柳瀬さんとコラボレーションをして頂く事になりました。
柳瀬さんの感性と徹底したモノ作りに対する姿勢、
ここにミラノの伝統を掛け算することで、
これまでにない、新たな一着が産まれると思います。
皆さまの洋服作りに関わらせて頂ける事を楽しみにしております。


Comment:

Trackback URL: