ツイードのカバン

今日は、興味深い鞄をご紹介させて頂きます。

ツイード好きのとある英国人が、
ツイード好きなあまり、スコットランドの機屋を買って、
機屋のある小さな村に移住し、そこで大好きなツイードを織り始めました。
彼の趣味は、シューティングやハンティングで、自分で獲った鹿を食べたり自然と生活しています。

ある時、彼の住む村にあった鞄工場がつぶれたので、
そこで働いていた技術者を雇用し、自分のところで織った生地で鞄を作り始めました。

ツイードの生地は、450g~1000gですが、
カバンに使う生地は640gで、マッキントッシュと同じ工場で
ゴム引き加工を施してあり、マッキントッシュの、あのゴムの匂いがプンプン(笑。

デザインは6型で、
大中小のショルダーTypeが3型。
トートバッグ1型に、メッセンジャTypeの鞄が1型。
それに上の『レコードBag』の、合計6型を、お好きなツイードで作れます。
カバンそのものも興味深いですが、何より、その英国人のライフスタイルに興味がそそられます!




Comment:

Trackback URL: