雰囲気を残した仕立て直し

以前ご紹介させて頂いたコートが、仮縫いを経て、ようやく出来上がりました。
肩巾で14cm(仮縫時から更に5cm詰めました)、バストが20cm、ウエストは28.5cm詰めています。


袖付けが特徴的な15年ほど前のコートで、
画像から、どこのコートか分かる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
前身はセットインで、後身頃はドルマン袖になっていますので、線の引き直しが大変でした(汗。


もともとの寸法だと、バストよりウエストのサイズの方が小さかった(細かった)ので、
ウエストを細く見せようとすると、アームホールが深く、ここも線の引き直しが出来なかったので、
身頃だけじゃなく、バックベルトでも絞ることにしました。
着て頂くと、本来このコートが持つ雰囲気(ドレープ感)を損なわず、
今の時代に合ったウエストシェイプなコートに仕上がったんじゃないかと思います。


オーダーを頂いてから、仮縫いをし、出来上がりまで半年以上かかりましたが、
Aさんの、「捨てるのはもったいない。新しいものを買うくらいの費用がかかっても直します」という
お気持ちを大切に、しっかり取り組ませて頂きました。
Aさん、いつもありがとうございます。




Comment:

Trackback URL: