リヴゴーシュ時代のトムフォード

フロントをコンパクトに設計し、さらに引っ張り皺を出してスタイリッシュ感を表現し、
肩はHさんの傾斜角に合わせずイカリ肩にし、しかしコンパクトにすることで威圧的ではない男っぽさを表現。
 

シャイニーな生地は、数多くのコレクションブランドでも使われています。


こんなディティール、見覚えのある方も多いのでは、、


ボタンもシャイニー!


パンツのラインの微調整も大成功で良かったです。
仮縫段階で微妙なラインは見えてこないので、完成後に修正して正解だったと思います。
とても楽しい仕事をさせて頂けましたこと、改めて御礼申し上げます。


コメント / トラックバック 2 件

  1. IKE-IKE より:

    カッチリとしていてエレガントな肩周り、逞しいフロントシェイプ、

    まさにサイジングの妙とも言えるフィッティングですね。

    とにかく、素晴らしい!の一言に尽きます。

    あの袖のディテールは初めて見ましたが、どんな風になっているのでしょうか?

    シンプルなスーツだけに、細部に渡るコダワリが光って来ますね。

  2. masseattura より:



    いつもコメント、ありがとうございます!

    袖、当時こればかりな程、多かった記憶があります。

    電話で伝えられると思いますので、よかったらご連絡下さい!(笑

Comment:

Trackback URL: