トニックとスーパーブリオ

ドーメルが、1957年に発表したTONIK(トニック)と、
1958年に発表したSUPER BRIO(スーパーブリオ)の完全復刻版です。
糸は、今の自然環境と同じく、当時の品質とは変わってしまっているかもしれませんが、
製法については、ほぼ当時のままです。


★ORIGINAL TONIK 1957
50% Kid Mohair, 50% Wool (390g/m)
…………………………………………………………….
今では当たり前のモヘアの高混率は、
当時の技術力では不可能とまで言われていました。
1957年、それを独自の技術で克服したトニックが完成した時に、
ジン・トニックで祝杯を上げたことが、この生地の名前の由来になったそうです。

今でもこのTONIKという名前のついたシリーズは、
時代で形を変え、今ではNEW TONIKとして復刻されるドーメルの代表素材ですが、
今回のORIGINAL TONIKは、その中でも当時の面影を偲ばせる生地です。
当時の企画と同じく、経(タテ)糸にメリノウール糸を2PLYで引き揃え、
緯(ヨコ)糸に、このフライヤーモヘア糸を3PLYで使っています。
その結果、限りなく当時のトニックに近い独特の風合い、
重みある、奥深い光沢を楽しませてくれます。


★ORIGINAL SUPER BRIO 1958
60% Kid Mohair, 40% Wool (250g/m)
…………………………………………………………….
スーパーブリオは、現在でも
ドーメル社のサマーモヘアのトップラインとして展開されています。
ただ現在展開されているスーパーブリオと、1958年デビュー当時の生地を比較すると、
光沢感や、触った感じが全くの別物だと気付くはずです。
この最大の要因となっているのが、使われているモヘア糸にあります。
現在のモヘア糸は高速紡績機を使用したリング紡績モヘアが使われていますが、
オリジナルのスーパーブリオでは、TONIK同様フライヤー紡績モヘア糸が使用されています。

ちなみに、フライヤー紡績の特徴は、
非効率な超低速で撚るため、撚りが均一に入り、
むっくりとした、滑らかで張りのある糸に撚り上げられることです。


この両者、通常のコレクションではありませんので、
ご興味のある方は事前にご連絡頂けましたら、準備させて頂きます。



Comment:

Trackback URL: