サルトリア巡礼(3):Aカラチェニ

サルトリア巡礼、第3弾はミラノのサルトです。

ここでは、環境や技術的な部分より興味深かった事があり、
それは後継者育成システムで、熟練の職人を、若手の技術者が取り囲んで、
給料を貰いながら、お客様のお洋服を縫える環境が作られています。
詳しいご解説を頂き、色々なヒントを得ました。
ここでは書ききれない内容で、今後の行動の指針になります。
トリノ出身者をはじめ、4人の若手が縫っておられました。

日本人も1人、職人として仕事に就いておられます。

今回のサルトリア巡礼で会った日本の人たちと話していて、
勇気付けられたり心配になったり、色んな意味で複雑な心境ですが、
日本人が日本以外の国でモノづくりの学んでいる(仕事をしている)事実を、
日本に居る僕たちは、色々な角度から受け止めなくてはならないように思いました。

ここで裁断された生地が、附属と共に、併設の工房に流されます。

フィレンツェとの違いは、
品質の安定を目指して工程を分け、
数名の職人さんで1着の洋服を縫い上げ完成させる事。
フィレンツェが、より人間臭い洋服を目指したモノづくりであるのに対して、
国際都市ミラノが目指す服は、工業製品のような整理整頓された服ではないのですが、
立体的に構築された『手によってしか生み出せない』美しい服です。

改めて紹介しますが、
この傾向はパリに行くと、もっと顕著に現れます。
色々とお手配にご尽力頂いたsartinoさん、どうもありがとうございました。



コメント / トラックバック 5 件

  1. sartino より:

    どうもご無沙汰しております。
    この時はこちらこそ大変お世話になりました。
    ありがとうございました。


    久し振りに訪問させていただきました。
    私の職場は写真を拝見する限りフィレンツェに似てますよ。


    服はやっぱり作り手の姿がモロにでますよね。
    ミラノとフィレンツェ、さらに日本も(←もっと都市間の差があっても面白いのに)違いますもんね。


    だからこそ面白いんですけど、
    同じ条件で2着作ってもそれぞれ「一点モノ」ですから。

  2. masseattura より:



    そこに手作りの面白さがあるんですね。
    傾向としての地域差はあったとしても、結局のところ、
    作り手次第ってことですね。GW前の一時帰国を楽しみにしています。

  3. 匿名 より:

    このミラノのサルトは何というお名前のお洋服屋さんなんですか?

  4. masseattura より:



    遅くなり、申し訳ございません。
    『A.カラチェニ』です。

  5. 匿名 より:

    4/3に質問した者です。


    ココがあの高名なカラチェニですか。
    イイ勉強になりました。ありがとうございました。




Comment:

Trackback URL: