ドレーピング

今日は、僕のジャケットの2度目の仮縫いの着せつけです。
ちなみに、この生地はシーチングではありません。
オールウールのオフホワイトです!(笑)

1度目の仮縫い補正が終わったジャケットを着てみると、
驚いたことに、ほぼ完璧に合ってました。

「Nさん、さすが~!」ということで、
紙の上では見付けにくいラインを、立体で読み取り、
引き続き、2人で、僕が欲しいシルエット!を探ることにしました。
立体を知った上でパターンを調整してもらって、3度目の仮縫いに入ってもらいます。

打ち合い線、、その削り方次第で、
クラシックにも、モードにも、雰囲気が変わります。


何度も何度も、解いてはピンで留め、
僕の欲しい肩線の傾斜を、上襟とのつながりも考え、、
もちろんフロントの逃げ感も考え、良い感じに仕上がってきそうです。


2人だったので写真が撮れず、
今度はボディーに着せて、撮影しました。(笑)
実際には、僕自身が着て、おっさん2人で鏡越しに睨めっこしながら、
ドレーピング(立体裁断)でイメージを作り上げてゆきました。
ちょっと気持ち悪い風景ですよね。(爆)


2時間に渡るドレーピングのお陰で、
今日はかなりの法則性が発見でき、収穫大でしたね~♪


あっ!もちろん、以前の、
ゴム入り?ジャケットプロジェクトも生かされています!



Comment:

Trackback URL: