ころばぬ先の杖

Tさん、いや武田さんが書かれた本を頂きました。
武田義昭さんは10年来のお付き合いをして頂いてるお客様です。

この本は、社会人になって「こんなハズじゃなかったのに~」と思う前に、
社会で経験するであろう事をネタにして、太郎君と花子さんという
2人の新入社員と上司とのやり取りが書かれています。


早速読ませて頂いたのですが、
武田さんご自身が己をもって体験された事が、
この本のベースになっているようで、とてもリアルです!(笑)
武田さん、間違ってませんよね!?

書き方(ターゲット)としては、これから社会に出る皆さんへ向けられていますが、
その内容は本質的な部分に向けられていますから、
経験者が読んでも、自分が恥ずかしくなるような内容が出てきます。
表面的なもので満足せず、事の本質を、、
みたいなことが、解りやすく書き表してあります。

最近よく思うのですが、大人になるには『洗礼』があって、
その洗礼に気付く人と気付かない人がいる、、気付いても逃げる人さえいる。
それに気付かなかったり逃げた人は、
加齢するものの大人にはなれない(なりきれない)のではないか?

あっ!ウダウダごめんなさい。
この本の中に、僕?が登場します!それが言いたくて!
太郎と花子さんの会話から始まり、約7ページに渡って書かれています。
是非とも探してみて下さいませ♪(笑)
内容に関しては、わざわざ確認の為にご来阪下さいました。
通信環境が便利になった今、あえて、、そこにも武田さんらしさが現れています。
武田さん、ありがとうございます!これからも頑張って、
どんどんよい影響を振りまいて下さいね!!



Comment:

Trackback URL: