着たい服と似合う服

今回のWさんのジャケットは、
Wさんのお好みの中からお選び頂いたのではなく、
ご準備させて頂ける生地の中で、Wさんに最も映える生地を優先しました。

お顔の横にあてさせて頂きながら、奥様とご一緒に、「あーでもない、こーでもない、、」と。
そして少しづつ絞りこんで、最後に残ったのがこの生地です。


特徴のある色ですが、Wさんが着られると華やかに、それでいてシックリ落ち着きます。
こういった基準で生地を選ぶのも、僕は〝アリ〟だと思っています。
着続けていくにつれ、きっと選んで良かったと、
ご実感頂けるに違いありません。
周りの方からの声が、そう実感させてくれるはずですから。



Comment:

Trackback URL: