William Bill

Kさんのベスト付きツイードジャケットは、
ロンドンのボンドストリートにあるウールンマーチャント、
ウィリアム・ビル(William Bill)のドネガルツイードを使っています。
今年の冬物ツイードのご注文いちばん乗り、お渡し一番乗りは、Kさんです!(笑)


デニムにボタンダウンを合わせ、
それにベストを着て、上からジャケットを着る。
真冬は、更にその上から、シェラの60/40マウンテンパーカーを着る、、

そんなスタイルを完成させる為にご注文頂いたもの。
ファッションに年季の入ったKさんならではのレイヤードですね。
それに加えて僭越ながら、僕の好きなレイヤードもお伝えしておきました。(笑)

こんなガシガシのツイードは、ガンガン着て下さいね!
白洲次郎氏によると、「ツイードを着て初めてジェントルマンである。」と。
そして、「ツイードなんて、あんなものはね、買ってすぐ着るものじゃないよ。3年くらい、
軒先に干したり、雨ざらしにしておいて、くたびれた頃に着るんだよ。」なんて、、
白洲次郎さんが三宅一生さんに、そんな風に言ったそうですよ。
短気な白洲さんらしいコメントですね。(笑)

僕は、自分と一緒に歳をとってゆく物が好きなので、5年くらい着込んで
自分の体に馴染んだ、クッタリしたツイードが好きです。
ガンガン着て、気が付いたら馴染んでいた、、
その方が、僕は好きですね。



コメント / トラックバック 2 件

  1. dunsford より:

    以前から楽しくこのダイアリーを拝見させていただいております。今回初めてコメントさせていただきます。

    おっしゃるように、ツイードは新品の「ガシガシ」のものが着込んで着込んで「クッタリ」した感じになったときから本当の味がでてきますよね。

    私もツイードのジャケットは何着か持っていますが、社会人初ボーナスで20年以上前に買った既製品のツイードジャケットが一番のお気に入りです。

    クオリティはそれ以降に購入したものの方が高い(よって価格も高いです・・)のですが、ツイードの本当の魅力は「時間」によってしかつくり出せないものがあると思います。

  2. masseattura より:



    dunsfordさん、はじめまして。

    この日の日記に真実味を添えて頂きまして、ありがとうございます!

    5年くらいでは〝クタッ〟としませんね!!

    僕の20年のツイードをサンプルに置いておくことにします。(笑)

    素晴らしいヒントを頂きました、ありがとうございます。

    これからも書き込み、応援を宜しくお願いします。

Comment:

Trackback URL: