ホーランド&シェリー

【2007年1月16~17日】

ブライアン氏とFさんと共に昼食を摂ってから、ホーランド&シェリーの総本山へ!
この繊細でエレガントなヴィクトリアン様式の建物も、
100年以上経っているそうです。

廊下に書かれたメモ書き、、

ミーティングルームのブライアン氏。
このミーティングルームは、わざと建物の北側に作られ、
変化のある南側の明かりではなく、北側の安定した明るさを取り入れてくれます。

来シーズンのサンプルです。
この中からセレクトされた生地がバンチとなって、
この、英国にあるピーブルスの町から、皆さまのお手元に届けられるのです。

希望の生地を伝えると、ブライアン氏が探してくれました。

まずは、バンチSAMPLEを作っている現場です。
ホーランド&シェリー社では、自社でバンチを作成しています。
以前は外注だったそうですが、あらゆる面において、自社作成にメリットがあるとか。

ホーランド&シェリーグループが抱えるネームとしては、
日本には3銘柄が入っています。(ホーランドシェリーNAME、ジョンクーパーNAME、
そして、マッセアトゥーラで取り扱っているインネスチャンバースNAME)

ほら、まるで印刷屋さんです。(笑)

バンチに綴じられている生地は、全て品番ごとにストックされています。

オーダーが入ると、こうしてカットされます。

カットされた生地は重量が測られ、明細と共にまとめられ、

出荷先(各国の代理店)ごとに梱包されます。

時差があるので、1日中フル稼働です。
日本の窓口はこの女性、ジャネット・ブラウンさん。
日本からのオーダーは全て彼女が処理し、彼女の指示で現場が動きます。
残念ながらこの後、彼女は2007年3月でリタイアされ、現在の担当は、男性に変わっています。
またいずれ、ご紹介できればと思っています。

過去のサンプルは、アーカイブとして全てストックされています。

右から極東担当マネージャー、ブライアン氏
ホーランドシェリー社チェアーマン(会長)、チャールズ・スチュワート氏。
この時は痩せていたのですが、何故かパンパンの僕。(爆)

そして、、ヘンリープールのMDを40年近く務めているFさん(以前の会社の大先輩です)
僕だけこんな格好で、ごめんなさいっ!

夜は、ブライアンの奥様もご一緒に食事を楽しみました。
日本だと、仕事に奥様もご一緒になんて事は少ないと思うのですが、、素敵ですよね。
ほんっと、楽しくて知的な奥様でした。

典型的なスコティッシュパブです。
アイリッシュパブとの違いが分からなかったので聞くと、
アイリッシュは、もっとごちゃごちゃしてるとか、、そんなもんなんですね(笑。
ホント、それが理由ですか?(爆)

散々飲んだ翌早朝、夜も覚めやらぬ間にホテルを出て、
世界遺産の街エジンバラを素通りして(涙)、激安キャリアEasyJetで、ロンドンのホテルへと戻りました。

これで、年始の2週間に渡る遠征報告は終わりです。
1年越しでしたね、、ごめんなさい。
こうして自分と関わりを持ってもらっている現場を見ておくと、
ただ単に、生地が手元に届いたり、頼んだ仕事が出来上がってきたりするだけではなく、
日々、全てを見渡せているような気持ちで仕事ができるから楽しいですね。お世話になった皆さん、ありがとうございました!



コメント / トラックバック 2 件

  1. 土橋です より:

    こんばんわ、久しぶりにのぞかせてもらいました





    もののルーツを知るって楽しいだけでなく

    理解も深めてくれるし重要ですよね



    先週スポーツメンタルトレーニングの勉強会に

    行って来ました



    そこの先生はテニスを教えるのに

    動物としての自然な行動から

    テニスの起源まで幅広く語られるそうです



    理解が違うと行動も違うから。だそうです





    どこの世界も一緒ですねえ

  2. masseattura より:



    そうですね、突き詰めるとどんな世界も同じですよね。

    だからその世界を長く経験した人には適わない。

    まぁ、長さよりも質の方が大切ですが、、

    これからもお互い、気楽に色々と突き詰めまてゆきしょ!(笑)

Comment:

Trackback URL: