自分の姿を見てみる

お渡しの際、自然体を見たいので、こうして歩いてもらい、
ご自身にも客観的に見てもらいたくて、写真を撮らせて頂くことが多いです。
後姿、、キツイ感じもなく、ジャストで納まっています。


Yさんは、ヌード寸法に対して、
ウエストのユトリ量が9cm、バストが8cmで、しかもドロップ8です。
そして縦横寸法以外の立体寸法を調整した結果、
着心地を損なうことなく、ジャストフィットさせる事ができました。

Yさんのこのスーツは3着目ですが、
毎回、微妙に精度が上がり、無駄なユトリが一切ない状態です。
まさにサラブレッド!(笑)
ユトリは必要ですが、無駄なユトリは、シルエットや着心地までも損ないます。

このフロントの逃げ感を、Yさんには気に入って頂いてますが、
これは着る方のお好みなので、採寸の時に、僕が最も気を使う部分です。

※ベルルッティの靴、色っぽいですね!(見えないか、、苦笑)

ここまでジャスト寸法だと、かなり胸板が厚い(胸囲も100cm!)Yさんですから、
型紙の調整は大胆に、且つ微妙に調整しなくてはなりませんでした。



Comment:

Trackback URL: