ベルガモ/DAY TRIP

昨日に引き続き、イタリア紀行です!
【2007年1月12日】

珍しく?少し二日酔い気味の体を引きずって、ミラノ・チェントラーレに。
といっても、ホテルから僅か2分ですけどね。(笑)


隣のフォームには、落書きだらけの電車が、、
これは良く見る光景です。


ミラノから普通列車で1時間30分程度でベルガモに着く。
途中、高校生達がドッサリ乗ってきたりと、ローカルな気分を満喫した。
やはりその国を感じるには、ローカル列車に限る。

駅前から、バスでベルガモの旧市街(チッタ・アルタ)に向かう。
山の上に見えるのが、別世界の旧市街です。


同じバスに乗っていた紳士。
もう1人いらしたが、写真は断られた。
こちらの紳士も、オッケーくれたものの、恥ずかしいみたい。
色合わせ、イタリア人が好きなオール緑のコーディネートが最高!!
ホント、ご高齢の方ほど、お洒落なイタリア♪


ここからフニコラーレ(ケーブルカー)に乗って、旧市街を目指す。


いきなり中世に迷い込んだ雰囲気に変わる。
なのに、人々の普通の生活がある。
ここはテーマパークではなく、中世から脈々と続く生活の場。


子供たちがサッカーをしている。


女性も、みんなお洒落。
ミラノから近いからなのか、この地が高級住宅街なのか、
みんな洗練された雰囲気を持っている。


何もかも、石で作られた街。
やはり、ここが中世の城壁都市の名残。


フニコラーレの駅を降りて、ぶらぶらと上を目指していると、
見晴らしの良い場所に着いた。どうやら頂上だ。


綺麗な背中のラインです。
普通のオヤジが、普通に格好いいんです。
ってゆーか、こんな人、日本じゃあまり見かけないでしょ。
これまた、、グリーン系の色合わせが絶妙でした。


これ、どうやら凄いものらしいです。
ごめんなさい、、あまりルネッサンスに興味なし!?


取り敢えず、観光客らしく、、
これはマーブル(大理石)の象嵌ですが、
象嵌には興味があります、、写真だけは撮っておきました。(笑)


次は、いよいよ、、
英国&北アイルランド&スコットランド編です。



Comment:

Trackback URL: