戦争と軍服

今日は15日、忘れてはならない日ですね。
僕は子供の頃、よく戦争の話を聞かせてもらった記憶があります。
自分のお爺ちゃんや親戚のお爺ちゃん、、近所に住んでいたお爺ちゃんから。
近所のお爺ちゃんは頭の中に、受けた銃弾を抱えていました。
そして今、実体験を伝えてくれる彼らが亡くなり、
時と共に、自分の中でも戦争に対する意識が薄れていくのが分かります。

僕はダイビングのイントラをしていて、南の島へあちこちと潜りに行った経験があります。
南の島は、日本が統治していたところが多くあり、
今まで僕の知らなかったその国で、
戦争の爪跡や、日本の統治時代の事を知らされてきました。

例えば、ミクロネシアに浮ぶパラオ。
あちこちから日本語で声をかけられるのです。
食堂でご飯を食べてると流暢な日本語で戦争の話を聞かされます。
そのパラオのペリリュー島には、焼け爛れた戦車が野ざらしのまま放置されています。

パラオに限らず他の国でも、あちこちで同じような思いをしました。
旅行だけでは決して行かない、ミクロネシアや東南アジア、インドネシアの国々。

トラック諸島に関しては、日本の艦船が数多く沈んでいます。
その艦船を見て喜ぶアメリカ人ダイバーを見ながら、
日本人ダイバーは複雑な心境になります。

昨今の国際情勢を見て余計に思います、、決して忘れてはならない過去の過ち。
多くのテーラーが軍服を作らされた時代が再来しないように、
今日この日、新たに平和を願います。

下の画像は『HENRY POOLE ~ Founders of Savile Low』
の中に出てくる軍服の一部です。


これがその本、『ヘンリー・プール ~ サヴィルローの創設者』です。
この本が出た時、現当主・アンガス氏から頂きました。




Comment:

Trackback URL: