日本のシャツの特徴

ミラノ在住のsartinoさんが一時帰国して、
先ず目に付いた(気になった)のが、シャツだそうです。

イタリア人と日本人では骨格(特にバストの厚み)が違うので、
日本人のバストが見劣りするのは避けられませんが、
ほとんどの方がオーバーサイズなシャツを着られるので、
輪をかけるように〝貧弱〟に見えます。

まずネックサイズに合わせ、様々な体型をカバーし、
既製品という〝厳しい制約〟を受ければ、仕方のない事かもしれません。
それに慣れ親しんだ方は、オーバーサイズである事にすら気付いてないのも事実。

さらにそのダボダボシャツは、湿度の高い気候のせいでヨレヨレです。
サイズが大きいから、余計に皺が目立ってしまいます。

せめて襟(首元)だけでも〝シャン〟としていれば、
見るに耐えうると思うのですが、、

やはり、、マッセアトゥーラのオーダーでしか無理なのでしょうか?(笑)
これって、思いっきり宣伝してますよね!(爆)

画像はsartinoさんから頂いた、ミラノの高級食材店『PECKペック』の、
オーリオ・ぺペロンチーノ(唐辛子入りオリーブオイル)です。
週末は、久々に料理でもしようかな♪


Fさん&Iさん、今日の採寸の際には、
sartinoさんの立会いをご快諾頂き、ありがとうございました。



Comment:

Trackback URL: