フリッツ・ハンセン

フリッツ・ハンセンが不定期に刊行する雑誌〝REPUBLIC〟があります。
その最新号にフリッツ・ハンセン社のCEOヤコブ・ホルム氏のコメントがあります。

『変化が求められる時代だからこそ、やすらぎを。』

エッグチェアのオリジナルは、
建築家でもある、アルネ・ヤコブセン氏が1958年に、
コペンハーゲンにあるSASロイヤルホテル設計の際にデザインした椅子です。
なんとも「やすらぎ」を表現した〝リラックスポーズ〟ですね。


彼がスウェーデンのアイスホテルに泊まってきた体験をきっかけに
「やすらぎ」について書かれています。

日々の生活は多忙を極め、グローバル化は加速する一方。
絶えず変化していくことを求められ、
仕事とプライベートの境界も曖昧になっている。
このような時代だからこそ、自分なりのオアシスが欲しい。

その環境は、彼がアイスホテルで過ごした氷点下5℃の部屋にある
トナカイの毛皮の上で寛いだ時に感じた「やすらぎ」そのものだったそうです。
日々の生活の中で、どうやって安らぎを得るのか、、
また、そういった時間をどうやって作るのか、が必要です。

マッセアトゥーラは、というか僕は、、
皆さまのお陰で、日々寛がせて頂いてますけどね。(笑)
もちろん皆さまも、店内の名作椅子でお寛ぎ下さいマッセアトゥーラ!(爆)



コメント / トラックバック 1 件

  1. コールドストーン アイス 天国

    六本木のコールドストーンアイスで一番オイシイのは何かご存じですか?私は20回以上足繁く通ったのですがつ…

Comment:

Trackback URL: