さり気なく、主張する。

今日お渡しのTさん、出来てきたスーツを見るなり、
「スーツだけ見たら、エグゼクティブな雰囲気プンプンですよね!笑」と。
「仕事で世界最高品質の物を売っているから、クオリティーの低いもの、着れないですよね。」

さらに、Tさんが続けて仰ったのは、
「ブランドに頼らず、自分基準でクオリティーの高いものを持ちたいですよね、、」
「中途半端なお金のかけ方をせず、メリハリのある使い方を、、」
「少しづつ、良いものを買い揃えてゆきたい。」

今まで仕立てて頂いた何着ものスーツ、
いつも、決して主張するスーツを好まれないTさんですが、
クオリティーの高い生地を、クオリティーの高いライン(シルエット)で仕立てているので、
見る目を持った方には、十分主張するスーツになっていますよ。(笑)
もちろん、主張の意味合いは全く違いますけどね。



これって昨日の話題と共通しますよね。
でも確実に、ここ数年でスーツに対する意識が変わってきているように思います。
制服スーツから、本来のスタイルに、、スーツの復権です。

Tさん、7月のアメリカ出張、、
今回のスーツで、バシッと決めてきて下さい。
これまた写真を撮らせて頂くのを忘れたので、Yさんのスーツで失礼します。(笑)



Comment:

Trackback URL: