アロナビーチ

広島の友人が、滞在中のアロナビーチから画像を送ってきてくれました。
アロナと聞いて判る人は、きっとダイバーでしょう。(笑)

波打ち際から30mをボーダーラインに、
ホテルやダイビングショップ、レストランやBARが並びます。


波打ち際にある茅葺のBARで、波の音を聞きながら、、
レッドホースBEERを飲むのって、
スーツをビシッと決めて、ホテルのバーで過ごすのと似た感覚。
、、、スタイルは違っても、僕にとってはいずれも至福の時って事です。(笑)


昼間は猛烈に熱い!ので、
夕方になれば、みんな散歩に出てきます。


フィリピン名物〝バンカーボート〟です。


海側から見たアロナビーチ、これが巾1キロ弱に渡って続きます。


友人N君と、仲良しのロコ達。
足しげく通うN君は、家族ぐるみのお付き合いが続いてます。


歓迎のお料理♪


のんびりした島に、のんびりした時間、、
そんな休暇を過ごすために、僕も久々に白砂のアロナに行きたいなぁ~



コメント / トラックバック 3 件

  1. NORI より:

    毎度。
    やっぱ顔出し、悪いことも、そこそこやっているので、
    「あっ、こいつ、あの時のーっ!!」とか、、
    思われたくないのだ!
    でもAlonaで検索したら100番目でも出てこないので、まあいいかな。


    しかし、昔「アロナビーチ」で検索しても2~3件しか
    ヒットしなかったのが、今では965件。
    なんかねぇ・・・、少し嫌だなあ・・・。


    それと送った写真は、
    大潮で、潮が引いた時に撮ったので、砂浜多く見えるけど、
    満潮の時はあんなんじゃないからね。
    「波打ち際から30m」ではないな。
    「20m問題」があるから、正確には20mが適当かも。


    それと潮が引いた夕暮れに、
    海に入っている人の中には、「ウニ」をとっている人もいるよ。
    シーウーチン、立派な晩御飯なんです。


    あと、今回送った写真でみんなと写っているヤツは、
    厳密に言うと、Alonaではない。
    Alonaから少し右側?西側に行ったところの
    Danaoビーチにある「Bita-ug Resort」だったかな?
    そこの人たちで、今回知り合った。
    日本でもメル友ってあるように、向こうでもTXT Mateってあるのよね。


    で、俺の知り合いが俺の電話番号を教えたようで、
    「TXT Mateにならない?」って、前回TXTが来たので、
    暇だったので受け入れたら、まあ暇なのか来るは来るは。
    で、今回そこのリゾートで働いていると言うので、会いに行ったわけです。


    Alonaみたく多くのリゾートはないから、静かでいいとこだったよ。
    オーナーはイギリス人、奥さんはフィリピン人。
    というわけで、若干の訂正です。


    長々と、、失礼しました。

  2. masseattura より:



    NORIさん、ありがとう!
    なんか20m問題にしてもそうだし、
    こういう場所って、素朴なまま残って欲しいのなぁ。
    リゾートとして開発されると、地元の人はある意味嬉しいかもしれないけど、
    リピーターにとっては、寂しいもんね。
    ホント、複雑な心境です、、




  3. masseattura より:



    ちなみに、旅行会社からの案内は、、
    http://www.club-azul.com/philippine/schedule.htm
    ってゆーか、最近ツアーが組まれてるんですね。

Comment:

Trackback URL: