イタリア製と英国製

帰国して、いきなり現実に引き戻されました。
今日は朝から洗濯おじさん。(笑)

ちなみに今回の生地は2着が英国製のacorn社、もう1着がイタリア製のalbini社のもの。
洗っていると、明らかに英国製の生地とイタリア製では違います。
この差が着心地の差となるばかりか、着た時のドレープ感の差となります。
やはり、シャツ地を選ぶ時は色や柄ばかりではなく、
選ばれるスーツ地の特性に合わせた方が全体としては綺麗にまとまるように思います。


色物と白生地を一緒に洗っていますが、色移りが起こらない事は確認済みです。


Comment:

Trackback URL: