三者混のヴィンテージ

来春物の一番乗り、今回はIさんでした。
ヴィンテージ好きのIさんが選ばれた生地は、、
ウール&モヘア&テリレン(ポリエステルの一種)の三者混です。
最初はてっきり、モヘア混だと思っていたのですが、
触りがいつもとはちょっと違ったので、ライターで燃やしてみたんです。
そしたら、、やっぱり、、(笑)



シールを見ると、Holland&Sherryではなく、H&Sとなっており、年代を感じます。
こんなに古い(恐らく’70年代初めだと思うのですが)ヴィンテージで、
三者混なんて初めてみました。

ちなみに、紺無地の生地は、Eウッドハウスの三者混です。
燃え方が同じかどうか確かめたら全く同じで、匂いまで同じでした。(笑)

こんなバッシバシのヴィンテージ素材は、柔らかい芯地で軽めに仕上げましょうね。
さぁ~て、その前に、、
一昼夜、水に〝ドボ漬け〟して30年間の垢を落としてやりましょう。


コメント / トラックバック 6 件

  1. パニコ より:

    ヤナセさん  いいですねビンテージ
    ドーメルのトニックのビンテージ
    濃紺無地か濃紺ストライプはありませんか?

  2. masseattura より:



    今、持っているヴィンテージの濃紺の無地だと、
    ペッパーリーのものと、テイラー&ロッジの60%サマーキッドモヘア
    の2着しかないです、ごめんなさい。
    そうそう、
    ドーメル/スポーテックスヴィンテージのピンヘッド柄で、
    アズーロの生地が先日入荷したんですよ!

  3. パニコ より:

    ドーメル/スポーテックスヴィンテージ
    いいですよね。今のスポーテックスにない味があります。
    青ミミですかそれとも肉厚な赤ミミでしょうか?

  4. masseattura より:



    ごめんなさい、ドーメルの(旧)スポーテックスではなくて、
    現代モノのスポーテックスヴィンテージです。
    1920年代に初めて、
    スポーツ用として作られたスポーテックスを復刻した生地(380g/m)です。


    そうそう結局、Iさんのこの生地、
    丸一日水にドボ漬けした後、自然乾燥させ、
    最後のひと乾きだけ、アイロンでポンポンして仕上げました。
    作業前の生地と比べると予想通り、
    この生地本来の風合いを取り戻したようで、ハリを残したまま、
    しなやかで艶やかな表情を取り戻しましたよ。
    テリレンが混紡されているので、静電気が起こりやすくて、
    埃を吸っていたのかもしれませんね、、
    どうなんでしょう、パニコさんのご意見はどうですか?

  5. パニコ より:

    テリレン混紡の生地は見たことがないので
    なんとも云えないですね。

  6. masseattura より:



    ドボ漬けしておいたテイラー&ロッジの紙製シール付きのヴィンテージ生地を、
    生乾きまで自然乾燥させたものがあったのですが、
    今、アイロン掛けが終わりました。
    テリレン混紡が、ヴィンテージの風合いにどう影響するのか、
    僕も分からなくて想像での話に過ぎませんが、
    やはり保管状態によるところが大きいように思います。
    今夜の生地はオールウールでしたが、状態はあまりよくなかったらしく、
    洗った後は、光沢も風合いも、良い状態になりましたから。

Comment:

Trackback URL: