バジーレの色気

バジーレの今年のバンチからお選び頂いた艶のある生地は、
寒色系のダークグレーに、暖色系の焦げ茶のストライプが色っぽいです。
光沢具合からも、その色っぽさが伝わってきます。
デザインも、ボタン位置を低めに設定した2ボタンスタイルにし、
パンツは膝下をほぼストレートに設定。
そしてヒップから膝にかけても強く絞らずに、緩やかなカーブを描き、
全体のシルエットは、大人っぽい色気のあるコンテンポラリースタイルに仕上げました。
繊細でパリッとした生地が生み出すシャープなドレープも、
こんなコンポラスタイルに貢献しています。


この生地はバジーレではありませんが、
冬に、こんな白い色調のコートって、映えますね♪
色は明るくても、素材感がしっかり冬仕様になっています。
僕は、涼しげな〝真夏の黒〟と、暖ったかそうな〝真冬の白〟を
凄く粋に感じるのですが、みなさんはどう思いますか?
実は僕も、これと同じ生地を使って、ニュースタイルのコートの試作、、
成功するかどうか、改めてご紹介させて頂きます。


Comment:

Trackback URL: