フランネルのスーツ

今日ご来店のAさんのご希望はフランネルのスーツでした。

ひと言にフランネルといっても、とてもたくさんの種類があるのをご存知ですか?
ウーステッド(梳毛)フランネルかウールン(紡毛)フランネルか。
クリアカットTypeか、ミルドType(ハーフミルド・クォータミルド)なのか、、
毛羽立ち具合で呼び方が変わります。
それに生地の目付け(ウエイト)や、打ち込みの違いなど、
無地のチャコールグレーのフランネルと云っても、選ぶのに一苦労します。(苦笑)


どこに行っても空調が効き、おまけに地球の温暖化現象で暖冬続き、、
さらなるは、今の日本では不景気も加わって!?人気のない素材ですが、(苦笑)
そんな着る期間の短い素材だからこそ、そんな時代だからこそ!
お洒落に差別化を求める方に、是非ともお選び頂きたいのがフラノ素材です。


巧く撮れませんね、、
これは結構起毛したミルドタイプ(毛羽立ちが多い)のフランネルです。
フランネルについては、過去のダイアリーもどうぞ♪



コメント / トラックバック 7 件

  1. takashi より:

    フラノ、好きなんです、実は。

    フラノのチェスターフィールドが、なぜか大好きで。

    あんまり似合わないんですけどね。(笑)



    厚手のフラノでちょっと変わったケープとか面白いかも。

  2. masseattura より:



    育ちが良さ気で、上品な感じがしていいですよね♪

    暑がりの僕も、昔から大好きですよ。(笑)

    それもコテコテに毛羽ったへヴィーなフラノが大好きです。

    でもケープだと肩が納まらずに、ドシッと重たく感じそうだから、

    厚手だけど、軽くて〝ふわっふわっ〟とした生地感のフラノがいいですね。

    パリのコムデギャルソンとかで見付かりそうですね♪

  3. takashi より:

    いやいや、肩は収まるように作るんですよー。

    そこで仕事しませんと。

  4. masseattura より:



    takashiさん、こんにちは。

    書き込みを見落としてました、ごめんなさい。

    肩の部分だけ、立体造形するんですね。

    ケープって作った事がないのですが、インバネのマントみたいな感じですか?

    ショルダーラインで縫い合わせる、

    ラグランコートのような感じに仕立てるんですかね?

  5. takashi より:

    インバネが分かりませんが、ラグランのようにするのはありますね。

    それで作った事ありますが、肩、納まるもんですよ。



    あ、もっと簡単に考えれば、チュニックを作り変えるようにすればいいでしょうね。

    袖がなくなり、裾周りが広くなればケープになりますよ~。

  6. masseattura より:



    なるほどチュニックですか、何でも創造力と応用ですね。

    そっちの方が型紙も引きやすそうですね、、

    アメリカの大学のスタイル〝マントに角帽〟も同じかもしれません。

    以前、知り合いのテーラー氏が「注文入って困ってるねん」と仰ってたので、

    その後、どうなったか聞いてみます。

    テーラーって、あまりスーツから逸脱した物を作る機会がないので、

    もっともっと勉強しなけりゃいけませんね。(苦笑)

  7. しわだらけ・クシャクシャのスーツにグッバイ

    スーツを着ての仕事に出かけ、家に帰ってくると・・・ついついソファーかイスに掛けてしまいます。仕事場でもイスに掛けて仕事をしています。このときそのスーツに寄りかかってしまい、気づいたらしわになって…

Comment:

Trackback URL: