綿ローンのクレリック

Cotton100%のローン素材は、
シャリッと涼しげで、着用感も軽く、夏にはもってこいの素材です。
同じような生地で、以前から何度も紹介させて頂いているボイル素材がありますが、
この両者の違いは糸の撚りの強さの違いです。
ローンは張りと透明感に優れた上品な、平織りの極薄生地ですが、
ボイルはそれに更に強い撚りをかけて、それも縦横の糸を逆撚りしてシャリ感を強めるので、
凄く目の詰まった、ガーゼっぽい感じの生地になります。
ちなみにボイルはガーゼと同じ組織ですが、
糸の撚り方の違いで、これほどまで差が出るんですから、驚きですよね。

そんなローン地をクレリックにする場合、
襟だけブロードを使うと生地感が違って変なので、
襟やカフにも、同じ綿ローンの白生地を使う事にしました。


出来上がってきたシャツの襟腰が高すぎて、たまたま残布で追加の襟が作れたので、
前後均等に5mm低くして作り変えました。
Oさん、1着目からどんどん高くなって、付け替える前の、この襟で、
前4.5cm、後5.5cmと言う世界の壁!?とまで思える高さでしたからね。(笑)


4着目にして、タイドアップ用のシャツの型紙は
どうやら、Oさんお気に入りのシルエット&デザインに落ち着いたようです。
襟だけではなく、型紙のあらゆる部分を微調整していますけどね。
既製ではありえないシャツが完成して良かったですね♪


関連する記事はこちら
    関連記事はありません

Comment:

Trackback URL: