天神祭の陸渡御

大阪の夏祭りと言えば天神祭です! 
本宮の今日は、運送便の集荷も15時で終えました。(笑)

16時に天満宮を出発した3,000人の陸渡御の行列は、マッセアトゥーラのすぐ南側、
旧家の町並みが残る骨董の町〝老松町〟を抜け、御堂筋を経由し、
船渡御(ふなとぎょ)の船乗り場まで向かいます。

陸渡御(りくとぎょ)は、
火と水の祭典をイメージする天神祭のクライマックス、船渡御に比べて地味ですが、
特に老松通を巡航する姿は、周りの雰囲気と相まって何とも趣があります。


◆老松通を西へ向かう陸渡御の行列が、
 マッセアトゥーラの前を走る、広い4車線道路にさしかかろうとしています。


◆枕太鼓の行列が、4車線道路を横切っているところです。


◆行列は、骨董の町〝老松通〟のメインストリートへと入っていきます。
 ちなみに画像の行列は、約30講ある内の1つ、
 マッセアトゥーラのある大阪市北区西天満の属す、連合町会の〝神鉾講〟です。


◆馬にまたがる天狗のお面をかぶった猿田彦が、実質的な渡御列の先導役です。


◆天神祭の2日間、この界隈は仕事の雰囲気は皆無です。(笑)



コメント / トラックバック 2 件

  1. R&K より:

    こんばんは。

    本日楽しみにしてた、初のお店訪問!のはずが

    18時頃鍵がかかって入れませんでした。

    あああああ、遠くから汗だくだくで行ったのにね。

    ※今日はクールビズでなく、お気に入りのスーツでした。



    フライトがあるので、お会いできぬまま、

    早々に帰ってきたのでした。

    いつこんどは、大阪にいけるやら・・。

    R&KのRでした・・・。

  2. masseattura より:



    R&KのRさん、今日来て下さったのですか!?

    18時頃だと、ビルの2階にコップを洗いに行って、同じビルの方と

    話し込んでる真っ最中!だったような、、

    事前にお電話下されば、って13~19時は開店時間だから

    居るって思いますよね。



    せっかく暑い中をお越し下さったのに、、

    ありがとうございます!そして、、ごめんなさい。



    一人なので、どうしようもない急用や、

    朝からお客様のリクエストの生地を探しに行ってると

    思った以上に時間がかかって時間通り開けられなかったり、、

    今日みたいにご迷惑をおかけする事もありますので、できましたら、

    皆さまには、事前にご連絡頂けると助かります。



    R&KのRさん、今日は本当に本当に申し訳ありませんでした。

    僕としてもデザイナーR&Kさんの正体を知るせっかくの機会だったのに。(無念)

    もしかして、、僕の知ってる方ですか!?

    悔やまれて悔やまれて、熱帯夜にうなされそうです、、

    当分ご来阪の機会はなさそうですが、

    次回を楽しみにしておきます。

Comment:

Trackback URL: