英国製生地の比較

ドーメルのトロピカルアマデウスとスキャバルのボイジャーは、
どちらの目付(Weight)もオールウールの240gで、同じ平織り、同じSuper100′Sです。
さらなる共通点は、同じように強い打ち込みがなされた素材特性です。
いつもKさんは、黒無地か紺無地しか着られません。
この2つの素材は名前以外、色も見た目や触りもほとんど(全く?)同じです。



名前にこだわらないのであれば、
両方を試してみて、特に差を感じなければ安い方がいいですよね。(笑)

前回は高額なアマデウスを選ばれているので、今回ボイジャーをお勧めしています。
マーチャントの双璧をなす、今回のこの2つの黒無地、
軍杯はどちらに上がるでしょうか、、回答は週明けに頂く予定です。

ところで、生地は大きく分けると、マーチャント物とミル物に大別されますが、
この辺りについては、また別の機会に、、
実は今回の選択、この辺りに大きな理由が隠されているかも!(笑)


Comment:

Trackback URL: