革、いろいろ

鋏ケースを作ってもらうのに、革サンプルを送ってもらいました。
左から2色、英国産のブライドルレザーは
染み込ませた蝋の塗膜が、馴染ませるぞぉ~って気分にさせてくれます。(笑)
時間はかかりますが、牛革本来の自然で素朴な表情になります。
最初は固いけれど、段々自分の体型に馴染む英国の生地と共通点を感じさせられます。

真ん中のヌメ革は、ルイヴィトンが使ってるのと同じ革(NTR)ですが、
これは感触の変化と、日焼けによる表情の変化を楽しめます。

最後の2枚は、伊ブッテーロ(ワルピエ社)の植物タンニンなめし・天然染料仕上げの牛革で、
比較的馴染み易いのが特徴です。
この革も、着た瞬間から身に纏わり付くような、イタリアの生地との共通点を感じますね。

こうしてみると革も、生地と同じようにお国柄が出ていますね。

ニヤニヤ創造しながらデザイン画を描いているのですが、
どんな鋏ケースが出来てくるのか楽しみです♪
永く使い続けたい鋏なので、
同じように、永く使いたいと思えるケースをイメージして頼みます。
となると、最後の2枚は外れるなぁ~


Comment:

Trackback URL: