自分に合った生地選び

今日はサプライズの連続でした、、
閑話休題!
その中で、今日お話した内容、生地の選び方から、、


自分がフィジカル系ハードワーカーなのに、イタリア製の150′Sなんかを選んでしまうと、
それは不幸の始まりで、「○○の生地って型崩れして最悪だよ!」ってなります。
でも月に1度だけ、単にビジュアル的に着る人にとっては、
その評価は、「身に纏わり付くようだ!」とか「綺麗なドレープだ!」という評価になりますし、
例えば、普段使いの車を求めている人がフェラーリに乗れば、
その評価は、「クラッチが重い」とか「乗り心地が悪い」に変わります。
そう、自分がどんなシチュエーションでその洋服を着ようとしているのか、です。
そして僕たちテーラーは、着手のそんなシチュエーションを汲み取り、
生地を提案してゆかなければなりません。
人それぞれ、求めているものは違いますし、必要としている物も違います。


Comment:

Trackback URL: