アームホール

Sさんの2着目のシャツ、出来るだけ細く!とのご希望で
アームホールを小さくしたせいで、体のクセが顕著にシャツに影響を及ぼし、
脇の下、それも脇の真下ではなく、前身側だけが少し当たるように、、

職人さんと話をしたら、あっさり一言「じゃあ、少し大きくしたらいいですね」と。
いや、そうじゃなくて、、どうしてそう簡単に片付けるのか、
それとも悪気はなくって、それが当たり前なのか、、声にしかけたが止めた。

「アームホールのゆとり量はこの方の場合ですと5cmあれば足りています。
その証拠に前身側は当たっても、後身側、特に上のほうの肩のこの辺りは余ってます、、」

職人さんが「じゃあ、どうしたらいいの?」と言います。
「全体のバランスを考えれば5cmのゆとり量で足りていますので、この寸法を維持したまま
アームホールの形状を変えます。
余った後身側のラインはこうして、そして当たっている前身側はこう削って、、
鎌下で余ってる分は、鎌を浅くして、、、」
そうして修正が加えられたのが、この型紙ですが、画像では判り辛いですね。



出来上がってきたシャツに袖を通して頂いたのですが、問題解決してました。
全体に〝無駄なゆとり〟は見当たらず、胸もパァーンと張って見えます。

キツイ部分だけを見れば〝キツければ広げる〟で正解かもしれませんが、
今回のように、全体を見れば他の部分で余ってる場合があります。

それを見落としてしまうと、単純な解決方法を取ることに。
手間はかかりますが、この手間を惜しむと
良い服は生まれません。



コメント / トラックバック 4 件

  1. sawasawa より:

    突然ですみません。m(_ _)m

    HPを拝見して、一度伺いたいのですが、

    手土産は必要ですか?

    (みなさん珍しいものを持参されているようなので・・・)

    時間は何時間かかりますか?

    (ブログを拝見する限り、5時間は必要かなと思いまして・・・)



    つまらないことを訊いてすみません。。。。



  2. masseattura より:



    sawasawaさん



    凄くタイムリーなご質問ありがとうございます。

    最近、他からも同じようなご質問があったところです(笑)。



    もしかして、このブログを読んで下さってる方の中で、他にも

    sawasawaさんと同じような思いで、

    ご来店を迷われている方がおられるかもしれませんね。

    僕も今まで気にせず書き込んでましたが、何度か同じ質問が続くと

    気になってきましたので、この場を借りて説明させて頂きます。



    お土産に関しては、珍しい物とかだと、

    皆さんにも紹介したいな!って思って、ついつい言いたくなって、、

    僕って、そんなお節介な性格なんです(苦笑)。



    採寸時間に関しても、2時間で終わる方もいらっしゃれば、

    生地を決めるだけで2時間かかる方も。



    その差は、ご本人による所が大きいと思うのです。

    パッと見て決められる方もいらっしゃれば

    色々と話を聞いて納得の上で決めたいという方と、、

    そんな方には英国の生地とイタリアの生地の違いなんかの

    説明をさせて頂いたり、、



    僕がお客さんとしてスーツを作っていた頃、

    そういった不満を、頻繁に感じてましたから、その頃の僕と

    同じ思いをお客様にさせては駄目だ!なんて、

    〝痒いところに手が届くテーラー〟ではなく〝痒いところがどこなのか?〟

    そこまで気付いてもらえるような、提案型のテーラーであり続けたいです。



    手間のかかった採寸の方が、ブログのネタとしては面白いので、

    逆に、普通の採寸はネタにしないので、余計に目立つのかもしれませんね(苦笑)。



    ほんと、ブラッと寄って、お茶だけ飲んで帰られる方も

    沢山いらっしゃるので、お気楽にどうぞ!

    お待ちしております♪

  3. 666 より:

    横レス失礼いたします。



    >手間はかかりますが、この手間を惜しむと

    >良い服は生まれません。



    おぉっ、言い切りましたねっ!!



    貴方は私にとっては、リスペクトする存在で、

    pioneerな方ですから、これからもますますの

    ご活躍、期待しておりますよっ☆★

  4. masseattura より:



    666さん、リスペクトだなんて、

    恥ずかしくなる事、言わないで下さいよ(苦笑)。

    それって、僕にとっては凄っごいプレッシャーというか、

    666さんにそんな事を言ってもらうと、逆に、足を向けて寝れないというか、、



    でも逆に!

    666さんに、そんな事〝言い切って〟もらったんですから、

    それに恥じないように、これからも頑張りマッセアトゥーラ!です♪

    (ごめんなさい、、こんな事を言ってる時点で既にアウト!ですよね~笑。)

Comment:

Trackback URL: