実用か見栄えか

お客様と交わした ちょっとした話題から今日はお伝えします。
画像のように パンツ裾口のカカト裏に『靴ズレ』と呼ばれる
当て布をします。
これは経年変化で裾口が痛む事を 防ぐ役割があります。
生地が擦り切れても この当て布だけを交換すれば
パンツ自体は痛みません。

会話の本題はココからです。
この当て布に生地素材の耳を使用した
織込ネームの入ったものを使うか(上画像)、
生地と同じ生地を 使うのか(下画像)についてです。
オーダーと云えば上の画像を思い浮かべられる方も多いと思いますが、
足を組んだりすると見えるからと、これを嫌う方もおられます。

また裾をダブルにされる場合、
スナップ釦留めか糸留めかについても同様で
見える事を嫌って糸で留めて欲しいと言われる方も、、
実用か見栄えか、、気にされる方も 少なくはありません。




Comment:

Trackback URL: