ナポリの目抜き通り

ナポリの目抜き通りキアイアからフィランジェリーに入って、
ロンドンハウス、フェイ(トッズのアパレル部門)のあるコーナーを越えて、
次の角を右に曲がると、突き当りに、雰囲気のある映画館(下の画像)があるのですが、
その一角に僕の大好きな、アットリーニと云うサルトリア(テーラー)があります。
世界最高クラスの軽い着心地を体感させてくれる品の良いスーツは
既製品としても、世界中に顧客を持っています。


この日は店主のクラウディオ氏がいらっしゃいました。
前回訪れた時には、縫製工場をされている弟のチェーザレ氏がいらっしゃいました。
話している中で「やっぱりナポリの服は胸で着るんだな」と感じます。

胸板が薄い日本人に、胸板の厚いイタリア人の服は似合わないと言われますが、
オーダーならそれをカバーして仕立ててもらう事も可能かなと思うのですが、
作り慣れてさえいないから、無理なのでしょうか?

それよりも、僕もイタリア人みたいに胸の筋肉を鍛えた方が、、
それも無理か、、ラテン民族とは土台、骨格が違いますものね。(苦笑)


帰りにロンドンハウスのオーナー、ルビナッチ氏に初めて会ったので、
写真を撮らせてもらいました。
ルビナッチとアットリーニ、両氏のお父さんが
今のナポリのクラシックスタイルを確立したと言われています。

最後に本題からはズレますが、、
どちらのお店でも、やはりモダン英国調のジャケット地が目に付きました。




Comment:

Trackback URL: