英国靴のクラシックとモダン

英国靴のクラシックとモダン(モード)。
上の靴はパリで見つけたチャーチの73ラストのBuckです。
鹿の革を使った、正真正銘の 『バック』 スキンです。
20年前に買った(覚えてる笑)、全く同じ靴を持っていますが、
もう1足買ってしまいました。
このボテッとしたドン臭くて男臭い?シルエットが好きなんですよね♪



下の靴は同じ英国製ですが、フランスのクロケット&ジョーンズにいる
唯一人のビスポーク職人・ゴメス氏が
ある顧客の要望によって仕立てた靴のラスト(木型)をベースにして、
英国の C&Jが量産用に新しく開発した 337ラストを使って、
ジェント京都が別注した紺色の靴です。
236や317といったクラシックなラストに比べるとロングノーズで
スタイリッシュな印象を受けます。
ちなみにクロケットのビスポークはパリだけで本国英国では受け付けていません。



ただ、パリC&Jの店員さんも言ってましたが、
頑なに クラシックを選ばれる方も多いけれど、
彼はその時に着る服に、そしてTPO(死語?)に応じて履き分けているそうです。
僕も、Church’s に関しては 履きなれた73ラストにこだわってしまいますからね。

伝統とモーダ。
同じ英国靴でも、フランス人が意識すると、
これだけスタイルが変わるんですね。


Comment:

Trackback URL: