宝筐院にて

紅葉の時期の京都市内は大混雑します。
名庭の紅葉を眺めながらの昼食後、
嵐山や嵯峨野の喧騒から少し離れた場所にある
枯山水庭園の綺麗な宝筐院に向かいました。



本堂で手を合わせたあと振り返ると、
額縁に見立てられた本堂の扉の向こう側に、
枯山水庭園の杉苔の緑と 紅葉の赤が絶妙のコントラストを持って
目に飛び込んできました。
この景色は 今までどれだけの人々を魅了してきたのでしょうか。
僕も皆さんを魅了するスーツを作り続けたいです。
偉そうですね(笑)。


Comment:

Trackback URL: