モネ展

奈良県立美術館で開催されている モネ展の帰りに奈良公園 に寄ったのですが、
やはり自然色彩に勝るものはないと思いました。
ただ モネの『睡蓮』 や 『ロンドン国会議事堂』 の連作のような同じ風景を
違う観点で捉えた描写力は 自然が持つ真理を 見抜いていたからこそ
描けた作品だと思うのです。
最高の色使いでした。



同じ物を見ても同じ事を経験しても、同じ料理を食べても、
多くを感じ取れるようになりたいですね。
これは スーツにおいても同様だと思うのです。
皆さん いいスーツをたくさん見て着て、五感を養って下さい。
店員さん(僕?)の言いなりは駄目ですよ(笑)。


Comment:

Trackback URL: