オーロラに、魅せられて。


[ 【天使】カナダ(ユーコン準州 クルアニ国立公園)
 ノルウェー・オーロラ研究機関開催オーロラ写真コンテスト最優秀賞受賞作品

 谷角氏コメント:オーロラが山の稜線に沿って現れ天使のように見えたため、
 魚眼レンズでさらに周辺を丸く見えるように強調した。 ]



僕が前に勤めていた会社の経理部に勤務していた後輩、『谷角靖』。
オーロラに興味のある人なら彼の名前を聞いた事がある人もおられると思うのですが、
今では彼は、最近話題になっている新進の写真家です。

あれ?と思われる方もいらっしゃると思いますが、そうです、彼の経歴に写真を専門に
勉強したという時期はありません。

経理部を辞め、その後スキー修行を理由にカナダにワーキングホリデーに行ったのです。
そして現地でオーロラやカヤックなどのガイドのライセンスを取り、その中でオーロラ
に魅せられ、写真を撮り始めました。それからは試行錯誤の連続で彼のスタイルを確立
してきました。


(画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます)


彼が会社を辞めてカナダに渡った後も、ごくたまにですが、連絡を取り合っていました。
同じ会社にいた頃から活動的だった彼は大学時代はスキーのインストラクターをしたり
会社に入ってからは昼飯代1日50円で済ませ、ジェットスキーを買ったり、内容がどうで
あれ、とにかく目標を持って1度決めたらとことん追求し、現実のモノにしていく圧倒的な
パワーがありました。

そんな彼を、回りは白い目で見ていました(笑)
でも彼のそんな情熱的なパワーが、写真家としてのスタートを切らせたんだと、昔の彼を
思い出しながら、改めて感じました。

仕事や趣味の話で色々と夢や希望を語り合い、皆それについて『考える事』はしますが、
『考え抜く事』はしていないように感じるのです。
考えるだけで、それで満足してしまって、実際には考え『抜け』てない。
これじゃ、何もしてないのと同じですよね。

これは行動も同じで、実際に1歩前に進み出さないと何時までたってもスタート地点です。
ってゆーかスタート地点にすら立ってない、それ以下かもしれません。

夢は実現するために存在するからこそ価値があると思います。
夢を失わず、これからも増やし続けて生きていきたいですね。

一生、青春です。青春とは気持ちの持ちようですから!


Comment:

Trackback URL: